ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『コナミがリリースしている『ウイニングイレブン2018』がジャカルタ、アジアのeスポーツタイトルに選ばれたという記事』が掲載中。



コナミがリリースしている『ウイニングイレブン2018』がジャカルタ、アジアのeスポーツタイトルに選ばれたという記事が掲載中。FIFAとの争いで苦戦続きのウイイレですが、巻き返すことは可能なのかという意味でもこうした活動が大切になってくるものですね。


コナミデジタルエンタテインメントは、8月18日から開幕するジャカルタ・アジア大会のデモンストレーション競技として実施されるeスポーツのゲームタイトルに、同社のサッカーゲーム「ウイニングイレブン 2018」(海外名・PRO EVOLUTION SOCCER 2018)が採用されることを明らかにした。

 大会では6作品のゲームが採用され、「ウイニングイレブン 2018」は、日本のゲームメーカータイトルとして唯一選出されたという。eスポーツは、中国の杭州で開かれる2022年のアジア競技大会で正式種目になることが決まっている。


・・・としていて、日本のゲームソフトとして唯一選ばれたとしており、そういう意味では存在感を見せた形といえますね。ウイイレが今後どういう活路を見出して売り上げにつなげていくかという意味でもeスポーツの取り組みは大切になりますね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment