ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『中裕司氏がセガをやめた際、任天堂から電話が来るのを待っていたことを告白している記事』が掲載中。



中裕司氏がセガをやめた際、任天堂から電話が来るのを待っていたことを告白している記事が掲載中。別の人がそういう体験をしていたことを聞きつけて中氏も実践してみたものの、結局かかってこなかったとしており、その辺を指摘したものですね。


中裕司氏がセガをやめる際、任天堂までの通勤距離を測るためにオフィスのある駐車場まで車を走らせて、止まったときに警備員が近づいてきたので、私は怖くなって家に帰ることにしたとして、その時警備員がいなかったらどうなっていたかとしていて、又、別の大手ゲーム会社のプログラマーが仕事をやめてから、任天堂に呼び出された話を聞きつけ、これは私にもありえると感じ、電話をかすかな希望で待っていたが、決して来る事は無く、私は悲しかったとしています。


・・・として、中氏は任天堂に入社したいかすかな希望があった事が伺えるものですね。今はスクエニの社員でもあり、プロペの社長でもあるので、忙しい毎日を送っているでしょうが、中氏がコンシューマーゲームに戻る意味合いが強いでしょうから、どんなタイトルを発表するか期待したいですね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

多分面接受けてたら受かってたと思う

2018/05/16 (Wed) 21:59 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

当時の中氏はファンタシースターオンライン、ソニックアドベンチャー、サンバDEアミーゴなどを手がけてのりに乗っていましたからね。任天堂に入社したかったのであれば
素直に面接受ければよかったですよね。

2018/05/16 (Wed) 22:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment