ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『セガに入社して、コンシューマー版スペースハリアー、ファンタシースター、大魔界村、ソニックなど数々のゲームを手がけてきた中裕司氏のトークライブが開催決定!という記事』が掲載中。



セガに入社して、コンシューマー版スペースハリアー、ファンタシースター、大魔界村、ソニックなど数々のゲームを手がけてきた中裕司氏のトークライブが開催決定!という記事が掲載中。最近ではスクウェアエニックスに入社して話題になっていますがその辺聞けるかどうか?


ゲームビジネスアーカイブ 第5回トークライブ セガのゲーム開発 SG1000からドリームキャストまで
セガ初のゲーム機SG-1000からゲーム開発に携わって来た中さんですが、メガドライブで開発した「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」が北米で大ヒットし

ジェネシス(北米版メガドライブ)は、飛躍的に販売台数を伸ばしました。


今回は、中さんにSG-1000,マークⅢ,メガドライブ等ゲーム開発に関わるお話をうかがいます。今年メガドライブ発売30周年ということもあり

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」についてもお話しいただきます。

ゲスト/セガ元ゲームプログラマー、ゲームプロデューサー  中 裕司氏

日時/2018年6月27日(水) 19時開催(18時30分受付開始)

場所/銀座松竹スクエア (中央区築地1-13-1) 13階 カドカワ㈱セミナールーム

参加費/3,500円

Peatixにて販売中

メディア協力/ファミ通(Gzブレイン) 

協賛/DiGRA JAPAN


・・・となっていて、SG1000からドリームキャストまでの足跡を辿るというものなんですね。どの時代でも代表作がある中氏なだけに、思いいれもたっぷりありそうですよね。まだセガがイケイケだった頃に在籍していたので、古き良きセガ時代の話も聞けるかもしれないですね。


関連リンク


 [ゲーム]セガ系関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment