ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『サードパーティーがニンテンドースイッチに力を入れ始めている中、現時点でどこが期待出来るかというコラム記事』が掲載中。



サードパーティーがニンテンドースイッチに力を入れ始めている中、現時点でどこが期待出来るかというコラム記事が掲載中。早々に力を入れていたKOEIテクモやwiiU時代はたった1本だったレベル5などがある中で、すでに2本を予定しており、wiiU時代とは明かに動きが違うものを感じさせるものになっていますね。


wiiU時代、ロンチ時期にこそ海外サートや国内サードが主に移植作で賑わった中、その大半が全く売れず、即撤退という有様で、UBIソフトはwiiU独占でZONBIUを出したものの、売り上げに満足せず、その後他のプラットフォームにも『ZOMBI』として移植をして、レイマンレジェンドも結局マルチ化させる始末で、wiiUではまったく孤立無援だったことを考えると、今のスイッチの状況は180度変わったといっていいくらいのソフト供給になっていますね。

事の発端はカプコンとスクウェアエニックスの低予算の移植ゲーのウルトラストリートファイター2、聖剣伝説2がスマッシュヒットしたことで一気に状況が変わったといえるもので、その中でハードコンセプトだけを聞いて動いたKOEIテクモはある意味賞賛されるべきでしょうね。全てマルチ&移植作ではあるものの、一番ソフトを出して、スイッチに貢献していたのは素晴らしいですね。

その後頑なに姿勢崩さなかったカプコンもバイオハザードリベレーションズ1&2移植あたりから変わり始めて、ロックマンクラシックコレクション、ロックマン11とスイッチのマルチゲーを出す気配が多くなりつつあり、バンダイナムコもPS4に全力投球だった姿勢がスイッチにも力を割く可能性を示唆させ、太鼓の達人を夏に移植して、世界的タイトル3本を開発中と噂された中にはリッジレーサーも含まれており、期待がかかります。アトラスは真・女神転生5だけですが、世界中の迷宮などもあるので、3DSで展開していた作品にも期待がかかるでしょうね。

後は国内ではPSオンリーといっても差し支えなかったサイバーコネクトツーがNARUTOトリロジーをスイッチに移植したりと動きが見られて、この作品が売れれば次がありそうです。あとはフロムソフトがダークソウルリマスターをマルチで出しますが、スイッチ版が売れれば、今後の可能性に含みが残りそうで、そうしたメーカーがたくさんあるんですね。

要はお試しというところでしょうが、多分思っている以上に売れると思います。特に海外を含めると、市場的価値を見出しそうで、そこで次が何になり、いつ頃どのタイミングで出てくるようになるのかというものであって、PS4では開発予算が厳しく、AAA作品ばかりを作れないというメーカーがスイッチに白羽の矢を立てて、独占作などを出せば盛り上りそうですし、そうなって欲しいですね。3DSが風前の灯ですが、その分スイッチに参入して市場機会を伺って欲しいと思いますし、又成功に繋がる作品をどんどんアナウンスしていってほしいですよね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

レイマンレジェンドの話って大抵、どこを見て書いたか知らないけど
言ってることの時系列がおかしいことが多い
そもそもロンチとして出すつもりだったレイマンレジェンドの
発売延期とマルチ化が発表されたのはwiiuの発売よりも前です
つまり、ソフトやハードの売上を参考にして予定を変更することなど不可能です
これは開発にしても、レイマンファンによる開発者へのツイートや実際に会社に行ったファンツイートなどでも証明されています

要するに上層部か、他のなんらかの外的要因によって独占ではなくなったとみるべきです

2018/03/21 (Wed) 21:25 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですかー。まぁなんらかの原因があったんでしょうね。独占といって
開発されていた中での変更でしたから、それなりの要因があったんでしょうね。
それが何かというものですが・・・

2018/03/21 (Wed) 21:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment