ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『PUBGで実現して欲しいMODアイディアをピックアップ!という記事』が掲載中。



PUBGで実現して欲しいMODアイディアをピックアップ!という記事が掲載中。ゲームを遊んでいる際、こんなことが出来たら最高と思えるものがあるのかどうかといえそうで、MODに関してもいくつか具体的には動いているらしく、実現すればいいね的なものですね。


1:ゾンビ
まずは外せないアイディアから始めよう。


大衆受けを狙いたい、またはクールなゲームとして扱われたいなら、ゾンビかドラゴンを用意する必要があることは誰もが知っている。『PUBG』の世界観に火を吐く巨大なトカゲが合うかどうかは分からないが、ゾンビなら間違いなく『PUBG』を素晴らしいゲームに変えるはずだ。

次から次へと襲ってくるゾンビを相手にしながら99人の他のプレイヤーを追いかけ回す自分を想像してみよう。フレッシュな脳みそを求めてゾンビがうろついている中、草むらにどれだけ長い間身を潜めていられるだろうか? グッバイ待ち伏せ。ハローゾンビ。

2:トンデモ武器
現在 "バトルロイヤル" ゲームは『PUBG』と『Fortnite』の2強時代を迎えているが、ほとんどのファンが、『PUBG』の方がシリアスで落ち着いたゲームだという意見に同意するだろう。その息を殺さなければならない雰囲気こそが『PUBG』のセールスポイントだと考えているファンは多い。


しかし、武器に関してはそこまでその雰囲気に沿わなくても良いのではないかと考えているファンもいる。

『GTA V』には奇妙で面白い武器が扱えるMODが存在するので、『PUBG』にそういうMODが用意されてもおかしくないだろう。もちろん、想像に限界はないので、フリーズガンやプラズマキャノンが登場しても問題ないはずだ。

3:奇妙な風景
『PUBG』には今後複数のマップが追加される予定だが、現時点でプレイできるのは、デフォルトのロシアの孤島風マップErangleと中東の砂漠風マップMiramarの2つだけだ。


本記事執筆時点ではどんなマップが追加されるのか何も分かっていないが、ジャングル、雪原、都市などが追加される可能性が高い。

しかし、MODなら "想像すれば何でもできる" だ。というわけで、『PUBG』にサンアンドレアスを再現したマップが用意されても良いだろう。『Skyrim』のツンドラ地帯のマップや、『No Man's Sky』の惑星を模したマップも悪くない。

我々はMODのエキスパートではないが、Hello Gamesの『No Man's Sky』に持ち込まれたMODの素晴らしさを知っている。奇妙な風景は『PUBG』にクールな魅力を追加してくれるはずだ。

4:ライトセーバー
トンデモ武器のアイディアはすでに挙げたが、ライトセーバーはそれとは少し違う。『PUBG』は近接戦闘が可能なゲームで、そのようなプレイスタイルを好むプレイヤーたちの間ではフライパンが一番人気を誇っているが、フライパンの代わりにライトセーバーが使えるとしたらどうだろうか?


『スター・ウォーズ』とのクロスオーバーはまず実現しないはずだが、可能性はゼロではない。また、このMODがあれば、間違いなく『PUBG』の未来が大きく変わるはずだ。

5:野生動物
ゾンビに似ているアイディアだが、『Far Cry』シリーズのように危険な野生動物が登場すれば、プレイヤーが注意しなければならない対象を増やせる。『PUBG』はデフォルトでもかなりのストレスがかかるゲームだが、他のプレイヤーにスナイプされる危険に晒されている中で、ガラガラヘビの音が聞こえる状況を想像してもらいたい。


さらにキツいのは、ラスト数人になった時だ。隠れられる場所を求めて目の前の建物に何とか飛び込み、体勢を整えようとした瞬間、その建物の中に不気味な影が見えたとしたら? ショットガンを構えているプレイヤーではなく、クーガーが待っているとしたら?

6:兵器
戦車、戦闘機、AT-AT、巨大ロボ、重機関銃を積んだダートバイク…。言いたいことは分かるだろう。『PUBG』にはプレイヤーをアシストしてくれる乗り物が数種類存在するが、乗り物を使った "本格的な戦闘" はそこまで行われていない。


MODならそれが可能になる。破壊可能な様々な兵器が用意されれば、『PUBG』のカオスレベルが一気に上昇するはずだ。

7:破壊可能な周辺環境
これは多くの人が望んでいた機能だが、悲しいことに実装されなかった。このアイディアは『PUBG』に相応しく、さらに面白いゲームに変えるだろう。なぜなら、付近の建物や木に隠れ続けることができなくなるからだ。


先ほど紹介した戦車や戦闘機のアイディアをこのアイディアに組み合わせれば、安心して隠れられる場所は理論上ゼロになる。

8:別のゲームモード
これはビッグアイディアだ。『PUBG』には今後新マップや武器が追加されるはずだが、新しいゲームモードが追加される可能性はかなり低い。しかし、多様性は人生のスパイスであり、我々は、MOD製作者たちが既存の作品を使って完全に新しいゲームを生み出す姿を見てきた(そもそも『PUBG』もそのひとつだ)。


MOD製作者たちが『PUBG』に新モードを用意してくれたらどうなるだろうか? ロケットランチャーのスナイピングバトルや50人対50人の団体戦など、可能性は無限大だ。近接戦闘限定のモードがあっても悪くないし、ワンターゲットモード(体力とアイテムに優れたひとりのプレイヤーを全員で相手にするモード)があっても良いだろう。


・・・としていて、ありがちなものからそうでないものまでピックアップされていますね。特にゾンビモードはあっても全然不思議ではないので、それらモードを今後搭載していくのかどうかというのが見所の1つになってきますが、実際に実装される日は来るかといえそうですね。


関連リンク

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment