ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『任天堂子会社モノリスソフトは現在東京と京都の2つのスタジオがある中、任天堂を主にサポートしている京都スタジオにも将来的にはゲームを制作してもらいたい意向を示す記事』が掲載中。

任天堂子会社モノリスソフトは現在東京と京都の2つのスタジオがある中、任天堂を主にサポートしている京都スタジオにも将来的にはゲームを制作してもらいたい意向を示す記事が掲載中。いつ実現するかというもの。


任天堂子会社のモノリスソフトは現在2つのスタジオがあり、東京スタジオではゼノブレイド2などを制作していて、もう1つの京都スタジオでは、基本的にアートやグラフィックを中心に任天堂タイトルを開発を支援するスタジオであり、主にデザイナーとスタッフを雇用して、新しいインタビューでは、京都スタジオではプログラマーやプランナーのようなほかのスタッフを招いて、独自のチームでゲームを作成したい意向があり、京都スタジオにもいつかはオリジナル作品を開発してもらいたいとして、将来的な話ではあるものの、組織構造を作ることを多かれ少なかれ考えているとしています。


・・・と未来的なビジョンとしながらも、将来的には京都スタジオにもオリジナル新作を手がけてもらいたい意思があるとしていますね。任天堂としても独り立ちさせたいのかどうかという意味合いもあって、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドでも貢献していましたから、その辺がどうなっていくのかというものがありそうですね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment