ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『wiiUはゲームパッドも実は扱いこなせば優れた有能なコントローラーであって、ドリームキャストのように評価不足のハードであるとした記事』が掲載中。

wiiUはゲームパッドも実は扱いこなせば優れた有能なコントローラーであって、ドリームキャストのように評価不足のハードであるとした記事が掲載中。光るソフトもあったのは事実なので、一定の価値ありましたよね。


wiiUはゲームパッドも一見おもちゃのように見えるかもしれないが、ゼノブレイドクロスのような作品で適切に扱いこなせば優れた有能なコントローラーであり、扱いこなすのに難があった場合、プロコントローラーや古いwiiリモコンにも対応しているものも多く、ハードウェアは現行ハードから積み重ねたものではなかったものの、スマッシュブラザーズは60フレームで維持して、優れたHDコンソール機でもあるので、ネイティブ1080pも実現可能で、市場は最初の数年のうちに不十分なソフト数と共に、価値のある購入として十分な独占さもあって、wiiUですごした時間は素晴らしく、あなたは問題のコンソールを持っていないかもしれないが、その間任天堂は魅力を失ってはいなかったとして、その犠牲で、ニンテンドースイッチの明るい未来の道を切り開き、時間が経つにつれて、ゲーマーは覚えておかなければならないこととして、wiiUはドリームキャストのような評価不足の宝石だったということだとしています。


・・・としていて、名作もあったりして、普通に遊べるソフトもいろいろとあったのは事実ですね。ただしサード作品が全くでなくなったのはドリームキャストとは異なるシナリオで、その辺は完全な任天堂ハードとしての価値感を問うものとしての評価といえますね。スーパーマリオ3Dランド、マリオカート8、ベヨネッタ2、ピクミン3、ゼルダ無双、スマッシュブラザーズ、ゼノブレイドクロス、トワイライトプリセンス&風のタクトなどいろいろと排出しましたね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment