ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『縦長画面の比率だけが残念!セガサターン『レイヤーセクション』を紹介!という記事』が掲載中。

縦長画面の比率だけが残念!セガサターン『レイヤーセクション』を紹介!という記事が掲載中。レイフォースは会社が存在しているために避けたというものになっており、2DSHTの名作えですよね。


1995年9月14日、タイトーから「レイヤーセクション」がリリースされました。アーケード版「レイフォース」の移植になります。

タイトルが変更になった理由は、ゲーム会社「株式会社レイフォース」の名前に配慮したとのことです。

それなら、アーケード版のタイトルも配慮して、最初から「レイヤーセクション」にすれば良かったのにと思うのですが(汗)。

なにはともあれ、タイトーの名作シューティングがセガサターンに移植されたことは、うれしいことですね。


ゲームシステムもBGMもレベルの高い内容で大満足!
タイトーといえばダライアスシリーズでシューティングゲームには定評があります。


レイヤーセクションも例外ではなく、素晴らしい内容に仕上がっています。

かなり難しいゲームで、難易度を最低のノーマルに設定しても、初見でクリアするのは不可能に近いです。

しかし、ダライアスと同じで覚えゲーなので、少しずつ練習を重ねて経験を積めば、必ず先に進めることができます。この辺のバランスが絶妙なんですよね。

ロックオンマーカーを使って低高度の敵にセットしてロックオンすることで、誘導レーザーを発射して攻撃するのですが、これが気持ち良いんです。

BGMも素晴らしいです。ZUNTATAサウンドはレイヤーセクションでも健在です。最初のステージから名曲なので、耳が幸せになりますね。

ZUNTATAの名曲を聴きたいことがきっかけで、レイヤーセクションをプレイする人も少なくないと思います。


唯一の難点は画面の比率問題
グラフィックはとにかくキレイで、アーケード版に引けを取りません。2Dに強いサターンの性能を十二分に引き出したタイトーの技術力は素晴らしいですね!


ただ、ひとつだけ問題があります。それは「画面の比率」なんです。

アーケード版がモニターを縦に使っているので、家庭用のテレビで再現しようとすると、画面の両脇に黒い帯を表示させて表現するしかありません。

オプションで画面のモードを縦置きに変更することで、画面の比率問題を解決することは可能です。

しかし、当時はブラウン管テレビが主流だったので、テレビを横に置くと壊れてしまうんじゃないかと思い、実現できませんでした。

今みたいに液晶テレビが普通の時代であれば、気軽に対応できたのですが、当時は敷居の高い手段でしたね。

それでも、対策を練ってくれたタイトーには感謝の気持ちしかありません。ここまでやってくれるメーカーは他にないと思います。

当時は格闘対戦ゲーム全盛期でした。

「ストリートファイアー2」「バーチャファイター」「キングオブファイターズ」シリーズが大人気で、シューティングゲームは蚊帳の外状態だったんですよね。

レイフォースも例外ではなく、ゲームセンターに導入されていることすら知らない人も多かったと思います。

名称が変わったとはいえ、レイヤーセクションがセガサターンにリリースされ、再評価されたことはうれしく思いますね。

まぎれもなくセガサターンの名作シューティングです!


・・・としており、レイフォースは名作SHTとして楽しめるゲームでしたね。自分もサターンを持っていた頃に購入して遊んだものです。ゲーム硬派なSHTゲームで堪能した思い出がありますね。同じような人も多いでしょうし、懐かしい1本ですよね。


関連リンク

 [ゲーム]セガ系関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment