ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『グリー社員が語ったという『任天堂の倒し方を知っている』説は果たして本当なのか?を検証している記事』が掲載中。

グリー社員が語ったという『任天堂の倒し方を知っている』説は果たして本当なのか?を検証している記事が掲載中。話の伝わり方が伝聞だったとしており、信憑性はいかがなものかといえそうですね。


ソースとされる記事は伝聞
さて、この「任天堂の倒し方、知らないでしょ? オレらはもう知ってますよ」という発言、出元はわりとしっかりとわかっています。それは、2012年12月21日のZAKZAKにおける『任天堂のブランディング戦略 売上高では計れない“強み”』という記事。
既に記事は消えていますが、当時記事があったページはこちら。
そして、このページにはアーカイブが残っています


■(archive)任天堂のブランディング戦略 売上高では計れない“強み” – 経済・マネー – ZAKZAK

こちらはWii U発売当初の記事なのですが、この中に


 ソーシャルゲームの爆発的なヒットを受け、ソーシャルゲーム業界の中には売上高だけの比較で任天堂を劣勢に見たい向きがある。だが、任天堂は売上高の単純な争いにはくみしないつもりのようだ。

実際、売上高だけが企業の価値判断ポイントなのだろうか。話はそれるが、最近面白い話を聞いた。ある人がソーシャルゲームで成功したグリーの面接を受けに行った時の話だ。若い面接官は履歴書を見ながら「ずっと、家庭用ゲームを作ってたんですねえ」とさげすむように言った後、「任天堂の倒し方、知らないでしょ? オレらはもう知ってますよ」と言ったそうだ。

(中略)

ちなみに、グリーの面接を受けた彼は別の企業へ転職したという。彼の知人は「任天堂は数々の浮き沈みを経験して今がある。その強みが理解できない企業の将来性に、なんとなく不安を感じちゃったんじゃないですかねえ」と語っていた。


という表記があります。
当時から、このまるで挑発しているような発言が話題になって、一部でこの記事をもとにしたものが広まっておりました。

ただ読んでみるとわかるように、これは「話はそれるが、最近面白い話を聞いた。」という伝聞の形式。しかも、発言者は「ある人」である、それもはっきりとしていないもの。
仮に記事にした人に話した人がいるとしても、本当にそんなその面接官は本当にそんなことを言ったのかというのの証明はかなり難しいもにになります。
よってそのまま信じるにはかなり信憑性としては低いものだと言えます。そもそも万が一そう発言する社員がいたとしても、それが他の社員がそういう思いを持っているなど、グリーの方針なわけでは決してないでしょう。



まとめ
まとめとしては、グリーの社員が「任天堂の倒し方、知らないでしょ? オレらはもう知ってますよ」と言ったというのはひとつの記事のしかも伝聞ソースであり、信憑性がかなり低いということです。仮に本当に言っていた人がいたとしても、1人の見解以上のものでもないわけで。故に今後もおそらく出てくるであろうこの手のアオリがついているものを見た時は、このことをふまえて注意したほうがよいでしょう。 


余談になりますが、ネットではニュース記事が一定時間経つとよく消えるのですが、反面それは後から流れる情報の検証に支障を来す恐れもあります(一応アーカイブは残っているので可能なものもあるけど、必ずしも残っているとは限らない)。ついでに言うと、そういうのを広めたまとめの記事も、問題発覚時、もしくはそれ以前に消える場合も多いです。


・・・としていて、あたかもそれが真実であるかのように伝わったとして、伝聞であり、信憑性も低いとしていて、これは相当誤解をしている可能性がありますね。まとめブログで拡散して、それが悪いほうへ影響したのはいう間でもなく、これが正しくないならばかなりまずい出来事といえるでしょうね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment