ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『バーチャガンの悲劇、液晶モニターでは使えない!セガサターン『バーチャコップ』を紹介!という記事』が掲載中。

バーチャガンの悲劇、液晶モニターでは使えない!セガサターン『バーチャコップ』を紹介!という記事が掲載中。サターンで50万本のヒットを記録したガンシューティングでセットで7800円とお買い得でしたね。


1995年11月24日、セガから「バーチャコップ」がリリースされました。

当時のゲーセンではバーチャファイター2を筆頭に、セガラリーやデイトナUSAなど体感ゲームも人気がありましたね。

バーチャコップは、上記のタイトルに比べるとちょっと地味な存在でしたが、人気はそこそこあったと思います。

バーチャ2は大人気で並ばないとプレイできなかったので、並ぶのが面倒だった私は、いつでもプレイできるバーチャコップでよく遊んでいたんです。

そんな訳で、私にとってバーチャコップは思い入れのあるタイトルなんです。

劣化移植でしたが、十分楽しむことができました。

サターン版バーチャコップは評価が良かったせいか、中古でもなかなか値下がりしませんでしたね。それでも頑張って購入しました。


グラフィックはポリゴンが粗すぎて劣化移植になっていましたが、ゲーム性はほぼ完璧に移植されていました。

グラフィックが厳しい場合は、得意の脳内変換でなんとかなるので、私にとっては十分な移植だと思っています。

別売りのバーチャガンも素晴らしい完成度でした。握った感覚がアーケードとほぼ同じで使いやすかったですね。

ただ、命中率を上げるアタッチメントが発売されていたそうですが、私はその存在すら知りませんでした(汗)。

もし知っていたら間違いなく購入していたと思います。


ブラウン管テレビがないとバーチャガンは使えません。
私は将来的にレトロゲームを収集して遊びつくそうと企んでいるのですが、バーチャコップに関してはちょっと厳しそうですね。


液晶テレビでは、物理的にバーチャガンは使えないそうです。

コントローラーでもプレイは可能なのですが、遊ぶならやっぱりバーチャガンを使いたいです。

今のうちにブラウン管テレビをオークションか何かで購入してストックしておいた方が良いかもしれません。


アーケード版バーチャコップ


敵に照準を合わせる枠(ロックオンサイト)が表示されるのを初めて見たときには、クソゲーだと思いました。

自分で判断せずに枠だけ見ていれば、簡単にクリアできると思ったんですね。

でも、実際にプレイしてみると、そんなに簡単ではなく奥が深かったんです。

基本はランダム的な要素がない覚えゲーなのですが、楽しくてついつい遊んでしまいますね。


サターン版バーチャコップ

当時はグラフィックがかなり劣化していると感じましたが、今動画を見てみると、そこまで酷くないですね。セガサターンの名作です。

現在ではゲーセンでプレイすることは不可能に近いので、せめて家で遊ぶ環境を作りたいです。

そうなると、ブラウン管テレビがポイントになりますね。


・・・としていて、ブラウン管テレビを今の時代で持っているかというのがあって、コントローラーでも遊べる仕様ですが、迫力もないですし、別ゲーになってしまいますね。バーチャガンセットがあったので、それを購入してプレイしても、液晶TVでは反応がないとしており、ちょっと今遊ぶのは厳しいですね。


関連リンク

 [ゲーム]セガ系関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment