ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『いくつかのリマスタータイトルに対し、怒りを感じる人がいるのは理解するが、再リリースによって、新しいフロンティアを見つけ、ゲームをプレイする理由があるとした記事』が掲載中。

いくつかのリマスタータイトルに対し、怒りを感じる人がいるのは理解するが、再リリースによって、新しいフロンティアを見つけ、ゲームをプレイする理由があるとした記事が掲載中。特にFF12やメトロイドサムスリターンズは有意義であるとしていますね。


ゲームインフォーマーがいくつかのリマスタータイトルに対し、怒りを感じる人がいるのは理解するが、一見、創造性の死を意味するように見えるものの、企業が簡単なお金儲けのためにやっているようにはみなしてはいないとしていて、まず第1に、2017年の再リリースされた新しいタイトルは、フロンティアの探求を妨げる議論を止めるものであり、メトロイドを作り直しても、任天堂はゼルダ、マリオなどの新しさを壊すことはなかったとして、第2にリマスターやリメイクは、ファンに売ることは、愛するゲームをプレイする理由があり、それを生産した企業はお金を得るものであって、又、私自身が喜ぶ更なる理由として、開発側がはるかに優れたものを提案することであり、ファイナルファンタジー12ではPS2の元のバージョンも楽しんだが、最終的には多数の変更点があり、不満を解消して、新しいレイヤーを追加したもので、更にメトロイドサムスリターンズでは、コアゲーを完全に1から再構築した異なるアプローチを取っていて、メトロイドの本質的に見てもリメイクの枠を越えていて、優れた提案だったとしています。


・・・としていて、リマスター化タイトルでお金儲けをするのは腹立たしいという人もいる中で、ちゃんと存在理由があって、更にリメイクされたゲームは不満点も解消されて遊びやすくなっているとしており、その辺は評価できるとしていますね。日本では龍が如く極シリーズなども含まれるでしょうね。単純にリマスター化した作品もありますが、そうじゃない場合もあり、存在価値があるものと指摘していますね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment