ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『1月11日に開催されると噂されているニンテンドーダイレクトに期待することまとめコラム記事』が掲載中。

1月11日に開催されると噂されているニンテンドーダイレクトに期待することまとめコラム記事が掲載中。いろんなことが望めそうなものであって、どちらにせよ近い時期に行われるでしょうね。


1月11日に開催されると噂されているニンテンドーダイレクトに期待することとして、まずは、去年の段階で1月はマリオ&ラビッツ、2月はベヨネッタ1&2、スカイリム、3月はDOOMと任天堂販売作品は決まっているものの、それ以降がまだ不透明なので、最低夏までのロードマップを示して欲しいと思います。2月、3月とサード作品がそろってきていますから、任天堂だけが頼みというものでもないので、その辺の真価が問われるでしょうね。スイッチ本体もお年玉需要が終わり、一段落するのがいつ頃になるのかといえそうで、普通に店頭にいけば買える状態になりつつあるので、今からスイッチを購入する動きを見せる人も多いでしょうね。ニンテンドーダイレクトがスイッチだけの発表とは限らず、もちろん3DS系もアナウンスしないとだめでしょうし、春以降全く未定なので、こちらが逆により重点的に発表されるかもしれません。3DSの賞味期限は後2年程度だと思われるので、後継機があるのかないのかも含めて、今年1年が正念場ですよね。ニンテンドースイッチにビジネスの比重が移っているだけに、3DSがどういうアナウンスが待っているのかも興味深いところです。そして、噂されているドラゴンクエスト11のスイッチ版はフルボイス化などがされた完全版になるのではという話ですが、PS4版や3DS版が出て久しく、今からスイッチ版を買い求める人がどれだけいるかというものであって、3DS版しか遊んでいない任天堂ファンがターゲットでしょうが、50万本いけば多分御の字ですよね。移植は難航しているらしいので、今回のニンテンドーダイレクトでは発表されないのではないかと予想します。後は海外産ゲームもローカライズ化されて日本に上陸する作品やPAYDAY2が海外では2月に決定しているので、そういった作品の行方も明らかになるかもしれません。1年目と違うところは決定的なデカイ弾がないというところであって、それを『見せる』必要はあると思うので、スマブラやポケモン、メトロイドプライム4、どうぶつの森など、もしあるならば触れておくのも大事になってきますね。それと、昨年アナウンスされていたニンテンドースイッチのオンライン有料化について、アナウンスがあるのかどうかといえそうで、全世界同時スタートを切りそうなので、その正式な時期を発表するかどうかというものであって、今まで無料だったのが逆に凄かったので、どういう反応があるのかを含めた話になりますね。とりあえず、1月中にはニンテンドーダイレクトをやるのはほぼ確実視して間違いないと思うので、噂どおり1月11日に開催されるかも含めて、2018年のスイッチの行方を占う最初の放送となりそうなので、1年目のワクワク感が続く、2年目もまだまだいけるぞと思わせるそんな発表に期待したいです。


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment