ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『厳選!ハズレなしのニンテンドースイッチソフト10選というピックアップ記事』が掲載中。

厳選!ハズレなしのニンテンドースイッチソフト10選というピックアップ記事が掲載中。どんなタイトルが選ばれているのかというものであって、その辺は体験してみての観想になっているようですね。


間違いなく面白い!外れ無しの Nintendo Switch タイトル10選!



スプラトゥーン2


イカしたやつらが、イカした進化! ヒトに変身するあのイカがニンテンドースイッチでグラフィックも大きく進化してガチでインクバトルが楽しめます。

一番の人気ゲームモードは4対4でインクを塗り合うナワバリバトルで、インクを塗り合い、インクを塗った面積の多いチームが勝利という一風変わったサードパーソンシューティング(TPS)で、ルールがわかりやすくこれまでTPSが未経験の方でも楽しめます。

2~4人の仲間で協力するサーモランで協力プレイを楽しみ、一人でじっくり遊ぶヒーローモードでイカ世界の支配をたくらむタコ軍団をやっつける等、オンラインでもオフラインでも楽しめ、TPSを任天堂がアレンジしてカジュアルユーザー層に向けて仕上げたゲームで、これまでTPSはハードルが高いと感じていたユーザーをうまく取り込んでいます。

武器の数や種類が豊富で、やりこみ要素もあり、プレイを始めたらいつのまにか数時間経っているという時間泥棒の恐ろしいゲームです。

●TPS未経験のカジュアルユーザー層にもお勧め!
●オンライン対戦が熱い!
●カジュアルな見た目と独特のキャラクターが魅力


スーパーマリオ オデッセイ

任天堂の看板キャラクターであるマリオが大活躍する王道アクションゲームです。

これまでの2Dのマリオではなく、マリオ64の流れを持つ3Dを基軸としたマリオシリーズの最新作で、ニンテンドースイッチのコントローラの機能をフルに発揮したゲームになっています。

ストーリー自体はこれまでのマリオシリーズでおなじみのクッパとマリオ、そしてピーチ姫が登場し、クッパにさらわれたピーチ姫を助けるために不思議な帽子「キャッピー」を相棒して、クッパの足取りを追いかけていきます。

敵を倒したり仕掛けを動かしたり、投げた帽子を足場にして遠くにジャンプするなど、これまでに無い帽子アクションが楽しめ、敵キャラクターやモノなどに乗り移ることができます。

簡単すぎず難しすぎず、絶妙なバランスがゲームで満足感と達成感が非常に素晴らしいでゲームで、さすがは任天堂の看板タイトルといった完成度です。

●任天堂の看板タイトルであるマリオシリーズ
●簡単でカジュアルだけど奥深くてやりこみ要素がある
●アクションゲームとして完成されたバランスと難易度


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

広大な世界を舞台にして、どこに行くのも何をするのも自由に選択できるオープンワールドのRPGです。

ゼルダの伝説はこれまで任天堂の様々なハードで登場してきましたが、今作は本当に自由度が高くて、プレイヤーはゲームの世界の中で好きにプレイを楽しむこともできます。

ただひたすら世界を歩き回るのも良いし、いきなりボスを倒しに向かうこともできるなど、とにかく信じられないくらい自由度が高くて遊びまわれるゲームで、これまでのゼルダの伝説のシリーズとは一線を画す完成度になっています。

これがニンテンドースイッチで外で持ち出して遊べてしまうところが非常に驚きで、こんなゲーム体験は初めてともいえるくらい没入感があります。

マップの広さは京都市と同じ大きさだそうで、人一人が京都市を自由に歩き回って好きなことができると考えるとこのゲームの凄さがわかるかと思います。

本当にいくら時間があっても遊びきれないほどやりこみ要素があります。

●ゼルダの伝説シリーズ最新作
●オープンワールドRPGで自由度がとんでもなく高い!
●アクションゲームとしても探索ゲームとしてもやりこみ要素あり!


 
Xenoblade2 (ゼノブレイド2)


果てしなく広がる雲海の上の世界で超巨大生物「巨神獣(アルス)」が行きかう世界「アルスト」を舞台にしたファンタジーRPGです。

この世界の人々は雲海を逃れ、巨神獣の上で生活しているという、かなりぶっ飛んだ世界設定でストーリー展開が読めない為、複雑ながら奥深い物語展開が魅力的な作品です。

ゼノブレイドの続編ではなく新作で、前作を知らない方でも十分楽しめます。

バトルシステムが特徴的で一見複雑に感じますが、覚えることが出来ればゲームに一気に引き込まれテンポよく遊ぶことが出来ます。

そういった意味でゲーム序盤でどれだけ没入できるかというところが楽しむための肝だとも言えます。

部分的に不親切なシステムがあり不満点も残る今作ですが、昔ながらの日本のRPGとして楽しめる作品です。

●ゼノブレイドシリーズの最新作
●魅力的なキャラクターデザインと奥深いストーリー
●日本の昔ながらのRPGを最新技術で表現!


1-2-Switch(ワンツースイッチ)

ニンテンドースイッチからコントローラを外して、相手に渡して向き合って遊ぶパーティーゲームです。


ニンテンドースイッチのコントローラであるJoy-Conの機能をフルに使った全く新しい体感ゲームで、対人戦が楽しく家族や大勢の人が集まる場で盛り上がります。

ゲームの種類は豊富で「ガンマン」「ピンポン」「真剣白刃取り」等、全28種の様々なゲームが用意されています。

WiiやWiiUにあったような身体を動かし大勢で盛り上がりたいという方にお勧めのゲームで、携帯機として持ち出せる特性を生かした遊びができるようになっています。

ただ、ゲームに癖があり判定に慣れるまでコツが必要で、どちらかというと子供向きのゲームである為、大人が二人で遊んでみましたが1時間もすると飽きてしまいました。

これは「おじいちゃんが孫と遊ぶ」「多人数がいる場で盛り上がるパーティーゲーム」として優秀なゲームだと思います。

●パーティーゲームでわいわい盛り上がりたい
●小さな子供と楽しく対戦したい
●新しいゲームの表現を体験したい


魔界戦記ディスガイア5

このゲームはすでにPS4やPSVITAで発売されているタイトルのニンテンドースイッチ版です。

内容は同じであるため、PS4やPSVITAでプレイ済みの方は特におすすめいたしません。

ただこのタイトルを未プレイという方には”超おすすめ!”です。

このゲームは携帯機としての相性が非常に良く、とにかくどこでもいつでもできる環境が必要なゲームで、やりこみ要素がハンパないゲームです。

ハマると睡眠時間も無くすぐらいの熱中度で、もはや「ディスガイア」というゲームジャンルと言えるぐらい確立しています。

ゲームとしては「天使」「魔物」「勇者」などの好きなキャラクター育成して強化するタクティクスシミュレーションゲームです。

アクションが苦手な方やじっくりやりこみたい方にはお勧めで、ニンテンドースイッチがディスガイア専用機になること請け合いです。

●ディスガイアがニンテンドースイッチに登場!
●やりこみ要素と育成要素がハンパ無い!
●ゲーム性がニンテンドースイッチと相性が良い


ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ

往年の名作「ストリートファイターⅡ」がニンテンドースイッチに登場!


ストリートファイターⅡに様々なキャラクターが追加された「スーパーストリートファイターⅡX」と同じキャラクター数になっています。

昔懐かしストリートファイターⅡが最新の2Dグラフィック表現で再現しており、対戦格闘ゲーム世代の30~40代の方には懐かしく、小中学生には新しいゲームです。

インターネットを使ったオンライン対戦が熱く、世界中の人と対戦できるので飽きることは無く、格闘ゲームなのでやりこみで自分が強くなっていくのがわかります。

当初はニンテンドースイッチの小さなコントローラで出来るのかと疑問に思いましたが、やっていると慣れてきて、気にならなくなりました。

ただ、本格的にオンライン対戦を楽しみたいという方は専用コントローラーの購入をお勧めいたします。

●ストリートファイターⅡのファンには必見
●ニンテンドースイッチで対戦格闘ゲームがしたい
●オンラインで世界中の方と対戦できる



信長の野望・創造 with パワーアップキット - Switch


往年の名作「信長の野望」のニンテンドースイッチ版です。


ただし、ご注意いただきたいのは「大志」ではなく「創造」です。

最新作の「大志」は正直がっかりの仕上がりでお勧めできませんが、一つ前タイトルである「創造」はしっかりとした歴史シミュレーションゲームを楽しめ、またパワーアップキットverなのでバグ対処やバランス調整がしっかりされており、シナリオと500人以上の武将が追加されて長く楽しむにはもってこいのゲームです。

家にいるときはテレビの大画面で楽しみ、出先では携帯機として遊ぶなど、ニンテンドースイッチと非常に相性が良いです。

歴史シミュレーションゲームとしてバランスよく完成されたタイトルなので「大志」ではなく「創造」をお勧めいたします。
信長の野望シリーズのファンには必見
●歴史シミュレーションゲーム好きにお勧め
●バランスが良く完成されたタイトル



 マリオカート8 デラックス

マリオカート8 デラックスはすでにWiiUで登場したタイトルのニンテンドースイッチ版ですが、有料コンテンツなどがすべて組み込まれたタイトルで、WiiU版を持っていなかった方にはお勧めのゲームです。


多人数プレイで盛り上がり、パーティーゲームとして素晴らしいタイトルで、簡単操作で楽しめるのでお年寄りから小さな子供までプレイヤーの選びません。

WiiUでユーザーから不満があった細かな点を改善したり、ニンテンドースイッチのコントローラの特性を生かした振動等の追加要素もあり、WiiU版でプレイしつくした人ももう一度買いたくなる作品です。

小さなお子さんがおられる家庭なら鉄板なので是非お勧めいたします。

●はずれのないマリオカート
●お年寄りから小さな子供までプレイヤーを選ばない
●パーティーゲームとして盛り上がる!


モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.

3DSで既に発売されているモンスターハンターダブルクロスのニンテンドースイッチ版です。


3DS版のセーブデータをニンテンドースイッチ版に移行することが可能で、3DSから乗り換えが行えます。

テレビの大画面で迫力のある狩りを楽しめて、携帯機ならではの外へ持ち出し友達と協力プレイをするなど、ニンテンドースイッチはモンスターハンターダブルクロスと非常に相性が良いです。

ニンテンドースイッチ版になり画面が大きくなったことで見やすくなっただけではなく、操作性も向上しており、さらにインターネットを介せば「ニンテンドー3DS版」とも通信プレイが可能という素晴らしい対応がなされています。

●テレビの大画面でモンスターハンターが楽しめる
●3DSからセーブデータを移行できる
●3DS版のユーザーと協力プレイが可能



・・・となっており、実際にプレイした経験を元にしているようですね。他にもいろいろとありそうですが、自信を持って紹介出来る作品をチョイスしているようで、その辺はスイッチユーザーもどう感じるかといえそうで、2年目の今年は更に多くの作品に期待したいですね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment