ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『ユーチューバーが任天堂クリエイタープログラムに参加していない場合、任天堂コンテンツを含むムービーをアップロードが出来ないという現状を伝える記事』が掲載中。

ユーチューバーが任天堂クリエイタープログラムに参加していない場合、任天堂コンテンツを含むムービーをアップロードが出来ないという現状を伝える記事が掲載中。収益も少ない面を指摘したもの。


youtubeのクリエイターの多くはゲームプレイコンテンツを中心としたビデオが任天堂プログラムから離れていて、この問題は動画から得られる収益の分配にあって、youtuberは典型的なyoutubeビデオから60%の収益を得られるが、youtubeの親会社のグーグルが40%を取得しているものの、任天堂クリエイタープログラムに参加している場合、任天堂コンテンツの動画をアップロードしたら、より少ない収益を上げることになり、任天堂、及びグーグルはそれぞれチャンネルで70%、動画で60%もの収益を得るため、大きな問題として、youtuerが任天堂クリエイタープログラムに参加していないと、任天堂コンテンツを含むビデオをアップロードできないとしており、任天堂は著作権侵害を主張して、ビデオはBANされ、数百万回を超えるビデオを視聴した場合も、グーグル広告ネットワークであるアドセンスを通じでかなりの収入が失われるとしています。


・・・と任天堂コンテンツを扱ったyoutuberの動画が少ない理由がわかった気がしますね。任天堂クリエイタープログラムに参加していないとダメで、しかも一部をとられてしまうシステムになっているので、旨みがないというものであって、これは難しい問題で、著作権管理から生み出された方法でしょうが、ちょっと割合が多すぎる気がしますね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

3 Comments

ゲーム情報さん  

結局は人の褌履いてるんだから当然よ

2017/11/15 (Wed) 16:56 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

まぁある程度は仕方ないですね。ただ収益がすくないというのが
ネックになっているようなので、そこはちょっと考えても
いいと思いますね。

2017/11/15 (Wed) 17:08 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

こういう記事ありがたい

2017/11/15 (Wed) 17:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment