ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『XBOXOneXの立ち上げについて、マイクロソフト幹部はロンチで67本の対応タイトルがあることが重要だったと指摘している記事』が掲載中。

XBOXOneXの立ち上げについて、マイクロソフト幹部はロンチで67本の対応タイトルがあることが重要だったと指摘している記事が掲載中。それだけの価値感の提案をしていくものといえますね。


XBOXOneXの立ち上げについて、マイクロソフト幹部Albert Penello氏がロンチタイトルの数について言及していて、いつも質問にあったのが何本がロンチで出るのかというものであり、話していたのが、コンソール上での利用可能な総タイトルではない、具体的なタイトル数であり、PS4PROが業界で同じ指標を使用していたことを考えた場合、XBOXOneはロンチで67本あることに繋がり、ロンチタイトルの言葉遣いが混乱をきたすものだとしています。


・・・としていて、対応タイトルがロンチで67本あったというものですね。PS4PROでも同じ指標を示していたのであれば特別問題視する必要性もなく、後はラインナップの確認をするべきものになりますね。


関連リンク

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

0 Comments

Leave a comment