ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『セガの中村氏が、PS4&XBOXOne&ニンテンドースイッチでリリースされた『ソニックマニア』に対し、ニンテンドースイッチが動き出す前から予定を予算と組んで動いていたという記事』が掲載中。

セガの中村氏が、PS4&XBOXOne&ニンテンドースイッチでリリースされた『ソニックマニア』に対し、ニンテンドースイッチが動き出す前から予定を予算と組んで動いていたという記事が掲載中。


PS4&XBOXOne&ニンテンドースイッチでリリースされた『ソニックマニア』に対し、セガの中村氏が触れているところによると、私達はこの作品をマルチプラットフォーム展開を視野に動いていた中で、基本的なアイディアとして、ゲーム経験がハードごとに全く同じである事が重要で、それはニンテンドースイッチが何であるかまだ知らない時期から、ハードが存在しない段階から予算をスケジュールを管理していて、私達が最初にスイッチを手に入れたときに、少しパニックになったが、私達が期待していたのとは少し異なっていたものの、いくつかの課題をクリアした後、独自のエンジンで動かしていたため、スイッチ上では非常に迅速にカスタマイズが進んだとしています。


・・・としていて、カスタマイズがうまくいったというもののようですね。基本的なゲームデザインはメガドライブ以上セガサターン以下のクオリティを生み出していたものの、内部的には独自エンジンで動き、そして、それ相応のものを要求されていたのかもしれないですね。結果的に全ての機種で全てにおいて均一な体験が出来るものになって、ゲームも成功しましたよね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment