ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報を中心にお届けします。

スポンサードリンク

『PS4&ニンテンドースイッチでリリースされたJRPG『ロストスフィア』が店頭消化率が20%と厳しいスタートを切ったと伝える電撃記事』が掲載中。

PS4&ニンテンドースイッチでリリースされたJRPG『ロストスフィア』が店頭消化率が20%と厳しいスタートを切ったと伝える電撃記事が掲載中。セツナの層が減ってしまった感がありますよね。


 6位には、スクウェア・エニックスがTokyo RPG Factoryとタッグを組んだ“Project SETSUNA”第2弾タイトルのPS4用ソフト『LOST SPHEAR』がランクインした。9位のNintendo Switch版と合わせた販売実績は推定1.2万本、店頭消化率は20%前後と、こちらは実数、消化率ともに伸び悩む出足となった。


・・・としていて、出荷はそれなりにあったものの、売れなかったとして、幸先が悪い出だしとなっており、挽回は難しそうで、海外で勝負となりそうですね。JRPGというジャンルそのものの固定層は海外でも一定数はいるので、その人たちにアピールして買ってもらうしかないですよね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment