ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『10月27日発売ニンテンドースイッチ『スーパーマリオオデッセイ』はE3よりも大幅にビルドアップしていて、固定60フレームであるとした記事』が掲載中。

10月27日発売ニンテンドースイッチ『スーパーマリオオデッセイ』はE3よりも大幅にビルドアップしていて、固定60フレームであるとした記事が掲載中。解像度も上がって、その辺は調整がうまくいったみたいですよね。


10月27日発売ニンテンドースイッチ『スーパーマリオオデッセイ』はE3よりも大幅にビルドアップしていて、ドッキング時の解像度が以前は1280×720だったのか、1600×900に改善されており、又固定60フレームで過去最高の環境でマリオゲームが実現して、ポータブルモードでは1280×720であり、しかし、カットシーンでは640×720pに落ちるが、ハンドベルドモードでの変更点はより低い解像度でもライトバッファ、、海の国におけるシャドウ効果、そして短い描写距離など、小さな画面でプレイしても目立たない工夫がされており、そして、スナップショットを撮るときには秒間30フレームレートになり、写真を取る上でのテクニックを実装している可能性があるとしています。


・・・として、900pに上がっているとしていますね。ポータブルは720pであって、共に60フレームで動作して、又ポータブルモードでは工夫がなされているとしてますね。それだけ開発が進む上でスイッチ上で設定を調整して完成版が出来たというものですね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment