ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『7月のNPDによって、ニンテンドースイッチがPS4を抜きNo1ハードになったとしている記事』が掲載中。

7月のNPDによって、ニンテンドースイッチがPS4を抜きNo1ハードになったとしている記事が掲載中。ソフト面でもスプラトゥーン2が1位になっており、ハードをけん引したみたいですね。


本日、NPD Groupが一部デジタル販売を含む2017年7月アメリカ小売市場の最新販売データを発表し、任天堂の「スプラトゥーン2」がソフトウェアランキングの総合1位となり、「Nintendo Switch」がPS4とXbox Oneを超えて最も売れたハードウェアとなったことが明らかになりました。

アメリカ7月の小売市場は、前年同月比19%増の5億8,800万ドルとなっており、スプラトゥーン2やCrash Bandicoot N’Sane Trilogy、Nintendo Switch、PS4の継続的な好調により、7月はハードウェアとソフトウェア、PCソフトウェア、周辺機器の全カテゴリが前年比増を達成。特にNintendo Switchがリードしたハードウェアは、前年同月比29%増となる1億8,200万ドルの販売を実現しています。
発表を行ったNPDのアナリストMat Piscatella氏は、Nintendo Switchの好調な販売が今後も続くであろう対前年比収益増の主な要因だと説明しています。

■ アメリカ小売市場2017年7月のソフトウェア販売ランキング
Splatoon 2 (※ デジタル販売を含まず)
Crash Bandicoot: N. Sane Trilogy
Grand Theft Auto V
Final Fantasy XII: The Zodiac Age
The Legend of Zelda: Breath of the Wild (※ デジタル販売を含まず)
Injustice 2
Mario Kart 8 (※ デジタル販売を含まず)
Overwatch (※ Battle.netを含まず)
Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
NBA 2K17
Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands
Call of Duty: Modern Warfare Remastered
Call of Duty: Black Ops III
Minecraft
Call of Duty: Infinite Warfare
MLB 17: The Show
ARMS (※ デジタル販売を含まず)
Battlefield 1
Mass Effect: Andromeda
Tekken 7


・・・としており、見事ニンテンドースイッチが1位を獲得したとしており、売れているとしていますね。スプラトゥーン2効果が大きかったみたいで、ハードも増産も結果に結びついたものになっているらしく、その辺を感じますね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment