ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『『Rez』クリエイターでもある水口氏が当初、何度もアイディアを破棄しながら試行錯誤を繰り返して誕生させた経緯を語っている記事』が掲載中。

『Rez』クリエイターでもある水口氏が当初、何度もアイディアを破棄しながら試行錯誤を繰り返して誕生させた経緯を語っている記事が掲載中。生みの苦しみを体験されていたというものですね。






水口氏がレースゲームでのキャリアが始まった時から、Rezがどのように生まれるのか想像できなかったとした上で、私はこのゲームが感情的な方法でプレイヤーとどのように影響を与えることができるかを考えることが出来なかったとしていて、私にとって音楽が飛び込んできたとき、そのアイディアや想像力長い旅だったとして、何度もゲームをつくっては破棄を繰り返し、そうした試行錯誤の過程で、これらゲームに対し、ボタンを押して物事を行うだけではない、多くのことを学び、Rezを完成させたとしており、非常に満足しているそうです。


・・・としていて、Rezは日本テレビで特集番組を1時間組まれてそれを生で見ていたんですが、実験段階の映像も流されていて、今とは全く違うものだったんですよね。それでも面白そうに見えたんですが、水口氏は妥協せずにもっと高みを目指していたのが良く伝わっていたもので、結果が今に繋がっていて先見性がありましたよね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

0 Comments

Leave a comment