ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『ニンテンドースイッチにおいて、ドックなしでHDTVに接続できる小型アダプタがクラウドファンディングで応募しているとした記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチにおいて、ドックなしでHDTVに接続できる小型アダプタがクラウドファンディングで応募しているとした記事が掲載中。人気が集まっているとしており、期待は大きそうですね。







任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)は、据え置きゲーム機として使えるだけでなく、モバイルゲーム機としても遊べる。HDMI経由でテレビに接続すると、迫力ある大きな画面でゲームを楽しめる。ただし、そのためには本体をドックにセットする必要があり、友達の家へ持って行ってゲームパーティをするといった場合、ドックで荷物が増えてしまう。

 同じ悩みを抱える人が多いのか、Nintendo SwitchをドックなしでHDMI対応TVに接続するアダプタがクラウドファンディングサービス「Kickstarter」「Indiegogo」の両方に登場した。どちらも、目標金額を大きく上回る資金を集めている。

 Kickstarterで支援を募っているのは、「Switch-Con」。サイズが58×58×12.2mm、重さが48gしかなく、無理なくポケットに入れて持ち運べる。

 HDMIビデオ出力ポートのほか、USB-Cポートを2つ、USB-Aポートを2つ備える。さらに、最大100wの電力供給が可能なUSB Power Delivery(USB PD)ポートもある。Nintendo Switchだけでなく、Samsung Electronicsの「Galaxy S8」「Galaxy S8+」、Appleの「MacBook」「MacBook Pro」とも接続できる。

 出力されるHDMIビデオの最大解像度は、Nintendo Switchを接続した場合が1920×1080ピクセル、MacBook/MacBook Proを接続した場合が4096×2160ピクセル。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間7月20日まで。記事執筆時点(日本時間7月18日18時)でキャンペーン期間は2日残っている。目標金額の5000ドルに対し、約8万5000ドルの資金を集めている。

 一方、Indiegogoで支援募集中なのは「SFANS」。基本的にはSwitch-Conと同じスペックで、4K対応HDMIポート、2つのUSB-Aポート、2つのUSB-Cポート、出力45wから100wのUSB PDポートを備える。サイズは59×59×13.5mm、重さは40g。

 SFANSもSwitch-Con同様、各種スマートフォンやPCでも利用可能。

 Indiegogoでの目標金額は1万ドル。記事執筆時点(日本時間7月18日18時)でキャンペーン期間は19日残っているが、すでに5万7000ドルの資金を集めている。


・・・と共に人気を集めているとしており、需要は高い装置のようですね。それだけドックよりも手軽に接続したいという人が多いか証になっていて、どれだけ成功するかといえそう。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

0 Comments

Leave a comment