ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『セガの松原社長、新規IP、又休眠IPについて動きがあるかという問いについて触れている記事』が掲載中。

セガの松原社長、新規IP、又休眠IPについて動きがあるかという問いについて触れている記事が掲載中。噂になっていたセガフォーエバーにも言及があるものになっていますね。






セガゲームスの新社長・松原健二氏インタビュー

・時代に合わせるため、これまでやってきたカンパニー制(家庭用ゲーム/PCゲームとスマホゲーをそれぞれ別会社が担当していた)を統合して、スタジオ事業制にした。
・IPを軸にした体制にし、そのIPを世界各地に展開する形のほうがわかりやすい。
・組織変更したことで、家庭用ゲームのタイトルをスマホ展開する際、IPを担当するチームが開発・運営し、IPの価値を最大化するべく取り組める。
・例えば名越チームは家庭用ゲーム中心に作っているが、今後はスマホデバイスでも自ら取り組めるようになる。
・家庭用ゲーム市場は、10年前は日本のことだけを考えていたが、今は日本とアジアの市場を同時に取り込んでいく段階になった
・ペルソナ5は日本語、繁体字、ハングル、英語の4言語で発売しているが、どの地域でも予想を超える結果を出している
・(休眠しているIPについて)今仕込んでいるところなので、待ってほしい。新しいファンにも訴求できるもの、進化を感じてもらえるものにしたい
・新規IPについて、夏から秋にかけていくつか発表できると思う

復活が望まれてるIPは、やはり「サクラ大戦」ではないか?
任天堂が「ニンテンドークラシックミニ」を発売しているが、セガハードではやらないのか?

「サクラ大戦も、セガハードについても、様々な声をいただいている。
その声にどうお答えするかは考えなければならない。"SEGA Forever"についても日本展開を望む声が出ている。慎重に検討していくつもり。」



・・・としていて、スタジオ制にしたとしており、その効果が出るのはいつになるかというものであって、家庭用ゲーム機3:7スマホの比率のメーカーなので、そこが大きく変わることはないと思うので、どういう結果が待っているか?


関連リンク

 [ゲーム]セガ系関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク