ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『ニンテンドースイッチで制作されている『メトロイドプライム4』はブレスオブザワイルドやスーパーマリオオデッセイのような改変をせずに固執するゲーム性を望むとした記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチで制作されている『メトロイドプライム4』はブレスオブザワイルドやスーパーマリオオデッセイのような改変をせずに固執するゲーム性を望むとした記事が掲載中。


ニンテンドースイッチで制作がアナウンスされているメトロイドプライム4は、同様にスイッチでリリース、又は予定されているゼルダの伝説ブレスオブザワイルドやスーパーマリオオデッセイは改変したゲーム性になっていて、ファン心理を考えると、オープンエンドのアドベンチャーゲームに再編することは望まないとした上で、シリーズはオープンワールドとは逆のことを実現させていて、ドア、敵、ブロックなどでプレイヤーの行動を制限して、ゲームで進行するのに必要なアイテムをプレイヤーに探索させて、それは過去30年の作業を完璧にこなし、15年前に出たゲームキューブで立ち上げたものと同じくらいクラシックな体験を提供して欲しいとしています。


・・・とメトロイドゲームの伝統があるもので、プライムになっても忠実に原作をオマージュしながらFPSゲー化したので、その辺の継承を望むものになっているのは間違いないですね。GCレベルだったグラフィクスをスイッチに引き上げるだけで圧倒的なスケール感も出そうですし、更に広い探索も本作では期待したいですし、11年ぶりのプライムゲーを満喫したいですよね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

0 Comments

Leave a comment