ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『ニンテンドースイッチに移植された『GoNNER』に対し、任天堂からのサポートに満足しているとした記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチに移植された『GoNNER』に対し、任天堂からのサポートに満足しているとした記事が掲載中。最適化をするために問題を抱えていたというものですね。






『GoNNER』を開発したデベロッパーのRawFuryが語っているところによると、ニンテンドースイッチに移植するために、Coatsinkというチームと協力して、彼らは速やかに仕事を開始して、ポートで素晴らしい結果を示し、大きな課題として、ゲームプレイやアートスタイルを犠牲にすることなく、60フレームを確保することだったとしており、任天堂との仕事は素晴らしく、任天堂はずっとサポートを継続してくれて、又、一緒に仕事をするのがとても面白かったとして、私は子供の頃から任天堂ファンであり、移植そのものはそれほど悪くはなく、60フレームでスムーズに動作させる最適化の修正がたくさんあったものの、任天堂はこのプロセスを通じて非常に手助けしてくれて、いつも問題を抱えていたので、それを改善したものだったとしています。


・・・としていて、意外と難航したみたいですね。ゲームプレイムービーを見た場合、それほど難しく無さそうに感じるんですが、作り方によるものなんでしょうね。そのため移植には手間隙がかかってまた最適化も多数あったとしていますね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

1 Comments

ゲーム情報さん  

案の定unity製作だとさ

2017/06/30 (Fri) 10:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment