ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『現ゲームアーツが版権を所有している『グランディア』『LUNAR』シリーズの今後について森下社長がかたっている記事』が掲載中。

現ゲームアーツが版権を所有している『グランディア』『LUNAR』シリーズの今後について森下社長がかたっている記事が掲載中。どちらも黄金期があったブランドですからどうする気なのか?


現ゲームアーツの森下社長が過去のヒット作でもある『LINAR』と『グランディア』が復活する可能性があるかと聞かれて触れていて、それは私達が作ったものではないとした上で、それらのシリーズのアイディアが思いつくのを私は更に困難にしていて、しかし、今年はグランディアの20周年にあたり、私たちのアーカイブにあるものなので、潜在的にはグランディア2で何かをしたいと思っていて、そして、将来に渡って私が見たいものでもあるとしています。


・・・としていて、以前、4を作る気がないなら版権をどこかに譲渡するか外注で作らせて欲しいとコラムを書いたんですが、今のゲームアーツに作れる人数もいなければノウハウもなく、技術もないでしょうから無理でしょうね。元いたメンバーはほぼ全員やめていますから(社長までやめている)絶望的な中、もっと前向きなコメントが欲しかったですが・・・


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

2 Comments

ゲーム情報さん  

グランディアは初代こそFF7やDQへの対抗馬として作られてたから相応のクオリティやスケール感を出せたが、以降は何のウリもなく惰性で作られてる感しかなかったからなあ?
4と言われても何に期待していいのかわからん。

2017/06/28 (Wed) 22:21 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

1はサターンの大作RPGとして作られただけに凄みを感じましたが、2はドリームキャストで出てかなりの金額で作られたんですが、驚きは少なかったですよね。そして起死回生の3は独自エンジンを駆使してグラフィックなどにもこだわりましたが肝心のゲームが賛否が出たところでガンホーに買収されて終了しましたね。

2017/06/28 (Wed) 22:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク