ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『ニンテンドースイッチに今冬リリース予定の『ロケットリーグ』に対し、スイッチだからといって妥協はしたくなかったとしているCEO記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチに今冬リリース予定の『ロケットリーグ』に対し、スイッチだからといって妥協はしたくなかったとしているCEO記事が掲載中。他機種との違いは感じさせないもののようですね。






ニンテンドースイッチに今冬リリース予定の『ロケットリーグ』に対し、スイッチだからといって妥協はしたくなかったとJeremy Dunham氏が語っていて、その事については本当に自信があり、最初はそれが確実視できるかわからなかったが、カスタム作業をする上で、スイッチはアンリアルエンジン4専用ハードなので、3も対応しなければならない点があり、そこでの作業があったとしていて、他にもドックでも1080pではない、720pになるとして、60フレーム描写を実現させる事がより有意義なものだと思うとしており、ポータブルでも60フレームは維持され、これらを実行させるために、多くの労力を費やしたが、ゲームは素晴らしくとても機能しているとしています。


・・・としていて、海外で人気のゲームが出る事になりましたが、クロスプラットフォームを含め、今後は楽しみな1本にはなりそうですよね。特に海外で人気なので、そのソフトの持っている価値は大きなものになりそう。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

0 Comments

Leave a comment