スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『7月29日発売ニンテンドースイッチ『スプラトゥーン2』の開発コンセプトを野上氏が語っている記事』が掲載中。

7月29日発売ニンテンドースイッチ『スプラトゥーン2』の開発コンセプトを野上氏が語っている記事が掲載中。競争するという事を思い描いていたとしており、その辺をチェックといえそう。









7月29日に発売になるニンテンドースイッチ『スプラトゥーン2』に対し、開発コンセプトについて触れていて、本作では競争の原理が本当に重要な事であり、それはゲームの中核を担うもので、私達が実現させた競合ゲームの考えは、最初にプレイヤーに一連のコンテンツを提供して、プレイのためのツールを与えてから、プレイヤー自身がどのようなゲームをするか判断する上でツールを使用して作成して、私達はそれを見て、それを注視して、必要に応じてバランス調整を行い、コミュニティを行き来しており、ゲーム内で平等と公平さがプレイヤーにとって、適切な競技場にいる事を感じ取れる事を確実にするためには非常に大切で、それら全ての要素をこの競争力のある経験に結び付けていくうちに、人々の輪が広がっていくとしています。


・・・としており、制作者は縁の下の力持ちという感じで支えているというものですね。ゲームが如何に不平が感じられない競技場にするかが最優先のようですね。


関連リンク

| [ゲーム]任天堂関連記事 | 10時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スポンサードリンク


 















非公開コメント

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/tb.php/50991-8ac03bc6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT