スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『レトロスタジオがメトロイドプライムについて、FPSゲームを選択した理由について触れられている記事』が掲載中。

レトロスタジオがメトロイドプライムについて、FPSゲームを選択した理由について触れられている記事が掲載中。メトロイドの道筋がついた作品なだけに、大きな意味を持ちますよね。









レトロスタジオのシニアデザイナーMike Wikan氏が触れているところによると、FPSゲームを開発しているとき、それは当初メトロイドプライム用ではなかったとした上で、エンジン制作は遅れ、ゲームのDEMOプレイを作る方法もなく、デザイナーが紙にデザインして、それをエンジニアがアート担当に手渡して、それを作成するという事が行われ、それは一種の狂気であって、そんな中で任天堂が突然来訪して、チームが取り組んでいたものを見て、FPSのリアルタイムスプリクトコードが可能なコンテンツを見せたら、任天堂がとても気に入り、私達はそのゲームをメトロイドプライム用としてゲーム制作が再開されたとしており、問題がある場合はそれを解決するために働く事であり、誰かがその責任を追うことを考えてはいけないとしています。


・・・としていて、これは結構有名な話ですよね。メトロイドプライムが当初は別ゲーであって、それを任天堂が採用したというものであって、これがメトロイドプライム1でハマって大ヒット下のですからわからないものですよね。


関連リンク

| [ゲーム]任天堂関連記事 | 09時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スポンサードリンク


 















非公開コメント

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/tb.php/50981-92bf979b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT