ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『XBOXOneXの追加機能を活用されたゲームには『Xbox One X Enhanced』ロゴがついているがちょっと問題視する面があるとした記事』が掲載中。

XBOXOneXの追加機能を活用されたゲームには『Xbox One X Enhanced』ロゴがついているがちょっと問題視する面があるとした記事が掲載中。どの辺がまずいのかといえそうですね。






XBOXOneXの追加機能を活用されたゲームには『Xbox One X Enhanced』ロゴがついているがちょっと問題視する面があるとして、一方でPS4PROを利用するように設計されたゲームにも『PS4 Pro Enhanced』と同じように表示され、『Enhanced』とは、4k解像度とHDRカラーのサポートと、フレームレートの増加やグラフィック効果追加まで、様々な事を意味して、しかし、マイクロソフト、及びソニーのラべリングシステムの両方でこれらのうちのどれが特定のゲームに当てはまるかは時に不明だとしていて、公正であるために、マイクロソフトはソニーよりもガイドラインでは優れた仕事をしており、HDRサポート及び4k用の特定ロゴを表示するためにゲームパッケージやデジタルストアページを必要として、それでもこれらがガイドラインには混乱の予知があって、4kロゴを使用したゲームは、チェッカーボードを利用して、擬似4kを達成する事、又はネイティブ4kでレンダリングする事も、4kにおける解像度を動的に切り替える事もできて、これらアプローチ全てを顕著に異なる視覚体験として提供が出来、どのゲームで使用されているか知るすべがなく、ゲームが本当にどのように強化されているか確める事ができないとしています。


・・・としていて、ネイティブ4kから処理が重たくなった時にチェッカーボード技法で擬似4kに切り替える事が可能だと指摘しており、それでは真の4kではないという意味合いになりますね。その辺は制作者の意図がありそうですが、それだけ限界をXBOXOneXで追求した場合に起こりえる事といえそうで、心配するべき事ではあるんでしょうね。


関連リンク

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

0 Comments

Leave a comment