ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『イーソルは『Nintendo Switch』向けに、同社のμITRON4.0仕様準拠リアルタイムOSとexFATファイルシステムが採用されたと発表したという記事』が掲載中。

イーソルは『Nintendo Switch』向けに、同社のμITRON4.0仕様準拠リアルタイムOSとexFATファイルシステムが採用されたと発表したという記事が掲載中。どんな技術なのかといえそう。






イーソルは2017年6月22日、任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」に、同社のμITRON4.0仕様準拠リアルタイムOSとexFATファイルシステムが採用されたと発表した(ニュースリリース)。同OSは、Nintendo Switchのコントローラー「Joy-Con」内におけるNFC(近距離無線通信)などの制御用途に採用。exFATファイルシステムはSDメモリーカードを読み書きするファイル操作機能を提供しているという。

 同OSは、μITRON4.0スタンダードプロファイルに完全準拠する。アプリケーション開発に便利なカーネルオブジェクトの状態参照やシステムトレース機能などの独自機能のほか、様々な拡張機能を搭載している。

 exFATファイルシステムは、FAT12/16/32およびexFATに対応し、大容量ファイルを、高速に取り扱える。加えて高速巻き戻し再生などに必要なファイルポインタの高速後方シーク機能、電源断やメディア抜き差しによるファイルシステム破壊を最小限に抑える機能、UNICODE対応など、デジタル家電や海外市場向け製品に必須の機能を多く搭載する。

 イーソルは、任天堂が過去に販売したゲーム機「Wii」「Wii U」においても、同社のFATファイルシステム「PrFILE2」やUSBホストスタック「PrUSB/Host」が採用された実績がある。


・・・として、wiiU時代から提携があった会社となっているようで、大容量ファイルを高速で取り扱う技術にまつわるもののようで、SDメモリーカードにまつわるものですね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク