スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『NOAレジー氏が任天堂として4kに対する現時点での見解を示している記事』が掲載中。

NOAレジー氏が任天堂として4kに対する現時点での見解を示している記事が掲載中。自社の方針というものになっていて、その点の違いを指摘しているものになっていますね。









NOAレジー氏が答えているところによると、任天堂の使命として、出来るだけ多くの消費者にアプローチして、知的財産権に関わり、楽しむことで、それが私達がトライすることであり、本質的に主流の聴衆を望んでいて、私達の製品は手ごろな価格で購入してもらいたいと思っていて、そのため、いままでにない、より新しい経験を提案して、提供するIPが輝くようにしたく、マリオやゼルダ、スプラトゥーンをもつプラットフォームがニンテンドースイッチによって、300ドルという値段がスイートスポットであって、より限定された消費者、より高いプライスポイント、4kTVの所有における投資などは、私達にとっては過剰な戦略となるとしています。


・・・としていて、任天堂が求める現在のアプローチではないとしていますね。普通にPS4もXBOXOneも主力は現行ハードなので、4kへ踏み出してはいますが、大きなウェイトをどこまで占めるかは未知数ですよね。


関連リンク

| [ゲーム]任天堂関連記事 | 07時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スポンサードリンク


 















非公開コメント

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/tb.php/50924-8fe248e7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT