スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『PS4版がアナウンスされている『LawBreakers』に対し、日本での展開はありえるのか?という記事』が掲載中。

PS4版がアナウンスされている『LawBreakers』に対し、日本での展開はありえるのか?という記事が掲載中。ギアーズの生みの親が作っているだけに注目度は高いものですね。









――なるほど。では何故このタイミングでプレイステーション4版を発表したのでしょうか?

Dan まず初めは、PCのみの展開を予定していました。これは先ほどお伝えした通り、小さな会社だからというのが大きくて、当初10人から20人しか会社にいなかったからです。当時はまだゲームがどうなるのかまったく予想ができず、ロールがどれだけあるのか、マップ、ゲームプレイについても決まっていない、不透明な状態が続きました。しかし、ある程度内容も固まり、会社の規模も拡大し始めていたので、これはふたつのプラットフォームで同時に展開できると考えたのです。ふたつのプラットフォームで展開するメリットとしては、やっぱりコンソールとPCというふたつの違ったプレイヤーの方々に、私たちのゲームを楽しんでもらえるというメリットがあります。

――PCではマウスとキーボードがあるのでスキルの割り振りは簡単ですが、プレイステーション4だとボタンにも上限があるので、スキル割り当てに苦労しそうですね。

Dan やはり操作性が違いますので、プレイステーション4版ではどれだけコントローラーにPCの操作感を落としこめるのか、とても苦労しました。偶然にも、ボタンとスキルの数がピッタリとハマったので数はカバーできるということが分かりましたが、どのアクションをどのボタンに入れ込むかという調整が非常に難しかったですね。例えば、“ブラインドファイヤー”といううしろ向きに銃を放つものがありますが、それはプレイヤーがキーコンフィグでそれぞれ設定してもらうという形にしました。今回のプレイアブル出展ではプレイステーション4版も遊んでいただいていますが、操作性に関しての不満はいまのところきていません。ベストな移植を実現できたと思っています。ほかにも難しかったのが、PCと同じ正確さ、動きやすさをある程度担保しないといけないなので、エイミングシステムについては非常に気を使いました。かなりの時間を費やしましたが、私たちはいまの出来に非常に満足しています。

――そういえば、ロケットジャンプ以外にも、ブラインドファイヤーで勢いを付けてジャンプをするシーンがありますが、あれは……“背面ロケットジャンプ”と呼べばいいのでしょうか(笑)?

Dan これも、“ブラインドファイヤー”です(笑)。基本的に根底にあるのは同じではありますが、すこし差別化をはかると言いますか、上に飛ぶか(ロケットジャンプ)、前に出るか(ブラインドファイヤー)がおもな違いです。昔はロケットジャンプができる武器はロケットランチャーのみで、一部のキャラクターにしか実装されていませんでしたが、ブラインドファイヤーはどのキャラクターの銃でも行えるようになっています。

――分かりました。では、答えるのは難しいかもしれないですけど、日本の展開についてはまだ発表されてはいません。こういったFPSが好きな人は、北米版や北米サーバーでも気にせずに遊ぶ傾向にありますが、日本展開についてなにか進捗はありますか?

Dan 実際のところ開発側から回答できる質問ではありませんが、私の思いとしましてはやっぱりこのゲームをより多くの皆さんになるべく早く遊んでいただきたいという思いがあります。もちろん回答にはなっていませんが、そういう思いを持っているということだけお伝えさせていただければと思います。

――現状、日本ではプレイできる機会も環境もありませんが、注目しているファンは大勢います。彼らにメッセージをお願いできますか?

Dan まだ日本の皆さんにプレイしていただくことができなくて、非常に私としてももどかしさを感じております。どうしても会社の規模が小さいので、うまく展開できない部分に関しては申し訳ないです。日本語ボイスを実装したり、サーバーなどテクニカルな問題もありますが、私たちが重視しているところは急いで出すよりも遊んでいただく皆さんにおもしろいと思っていただけるようなクオリティーに持っていくことです。もうしばらく辛抱強くお待ちいただければと思います。ただひとつ私が保証できると思っているのは、日本でローンチされるときはすべてのキャラクターであったり武器、マップとかっていうのがアンロックされた状態で皆さんにゲームをお届けできると思います。すべてのバランスが完璧に近いゲーム状態です。日本の皆さんも期待してお待ちいただけるひとつの要素になるのではないかと思います。ただ、あまりにも長く皆様をお待たせするのも申し訳ないので、極力早く最高の状態でゲームをお届けできるよう、開発一同力を注いでいきます


・・・と肯定したものの、可能性論に留まっていて、どうなるかといえそうですね。SIEがパブリッシャーになれば動き早くなるでしょうがその辺も含めてソニーがどれだけ本腰を入れるかによって変わりそうですね。


関連リンク

| [ゲーム]ソニー関連記事 | 16時57分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

これはネクソンの案件ですから、普通に日本展開するような気がします。

| 面白いです | 2017/06/22 21:08 | URL | ≫ EDIT

そうですかー、出るのであれば朗報といえますよね。PS4版と
可能性もあるXBOXOne版も今後進展があるかもしれないですね。
ネクソン管轄なら十分可能性ありますね。

| marukomu | 2017/06/22 21:37 | URL | ≫ EDIT

スポンサードリンク


 















非公開コメント

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/tb.php/50862-687aa7e1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT