ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『XBOXOneXはマルチプラットフォームゲームにおける最高のコンソールバージョンを待つことであり、初代XBOXの互換性で最高の拍手があったのは問題だとした海外記事』が掲載中。

XBOXOneXはマルチプラットフォームゲームにおける最高のコンソールバージョンを待つことであり、初代XBOXの互換性で最高の拍手があったのは問題だとした海外記事が掲載中。






海外サイトで指摘していることとして、マイクロソフトがE32017では教訓を部分的にしか学んでおらず、ソニーに対抗するものを提示できなかったことは、基本的な降伏を意味して、この世代はPS4だと完全に認めたようなものであり、もはや公平な戦いは存在せず、今は排他的ソフトが2017年は不毛の沈黙に対処しなければならず、主要なファーストパーティーからのタイトルの新しいAAA作品がなくて、マイクロソフトはこのコンソール世代では、唯一主張が出来ることは、マルチプラットフォームの最高のコンソールバージョンを持つ事であって、16年前の下位互換性が会議の最大の拍手を得たときそれは問題があるとしています。


・・・としていて、PS4に対抗出来るソフトがないと指摘しており、その辺がどうなるかといえますね。ファーストタイトルが不足しているという意味合いはあっていそうですが、XBOXユーザーの満足度がどれだけ高いかどうかに関わってくるものなので、XBOXOneXの売り上げにも注目したいですね。


関連リンク

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

0 Comments

Leave a comment