ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『ニンテンドースイッチでリリースされる『マリオ&ラビッツRPG』について、UBIソフトが制作に挑むに当たっての抱負を語っている記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチでリリースされる『マリオ&ラビッツRPG』について、UBIソフトが制作に挑むに当たっての抱負を語っている記事が掲載中。このコラボレーションはどういう経緯だったのか?


UBIソフトがマリオ&ラビッツについて語っていて、私のチームが任天堂と一緒に仕事をするように言われたとき、マリオとラビッツの両方が登場する可能性のあるゲームを制作するのは、生涯の機会になると理解して、私達は昼も夜も2つの世界を融合させて、マリオとラビッツの両方にとってユニークなものを見つけるのに最善を尽くしたとしていて、私達は新しいジャンルを生み出し、タクティカルファンとして、ターンベースゲームの新しい提案をするアイディアとアプローチと、同時にマリオスペースの真髄を求めたかったとして、そのためバトルフェーズにはアドベンチャー要素をミックスさせたかったとしており、社内会議の3週間半後には私達は小さなプロトタイプを作って任天堂に提示する機会を得て、私の大好きな創始者であり、キャリアのインスピレーションを得た宮本氏と最後にあったとき、私はサインを求める衝動を押さえて、最も専門的な方法でゲームを表現する責任があって、宮本氏が感動したといったので、うまくいったと思い、任天堂からはマリオ&ルイージという作品もあるので、私達は可能な限り任天堂ゲームを見て、本質的なゲームの変換を確認して、そして、私達が本当に任天堂の情熱にコミットメントしていると確信して板と信じているとしています。


・・・としており、UBI会心の1作になったのか?という意味合いがありそうですね。この作品がどれだけの任天堂ファンに受け入れら得るかというのも今後の焦点になってくるのは間違いないですね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク