ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『XBOXOneが海外調査で指摘された下位互換性の扱う割合が5%だったという件について、マイクロソフトがそれは大きく異なる可能性を指摘している記事』が掲載中。

XBOXOneが海外調査で指摘された下位互換性の扱う割合が5%だったという件について、マイクロソフトがそれは大きく異なる可能性があるとしている記事が掲載中。さすがに反応したというものですね。






海外で調査されたXBOXOneにおけるXBOX360下位互換性を扱う比率が5%だったという件について、マイクロソフトが報告している数値とは大きな隔たりがある可能性があるとした上で、この違いはXBOXAPIから実際に受け取ったデータ量と、XBOX360とXBOXOneゲームの直接使用回数が元のハードウェアで下回るかどうかは不明ながら、サンプルゲームの相対的パフォーマンスは、この種の少数の問題によって大きな影響があると信じる理由はなく、サンプルから得られた所有権のデータもコーディングとデータのコンパイル方法によって、最終的なカウントエラーにがあるのか判断して、結局のところ、潜在的なエラーは私達はゲーマータグを全て知っている訳ではないため、オフラインユーザーがいなくて、ゲーマータグの一部分をサンプリングして、借りたディスクは売り上げとしてカウントせず、潜在的なエラーの原因の全てが私達のデータを使用して、XBOXプレイヤーベースの販売額、又は使用数に直接推定するのは不愉快なものになってしまっていて、XBOXコミュニティのオンライン部分の見積もりは、XBOXオーナーのコミュニティ全体と大きく異なる可能性があるとしています。


・・・としており、実態とは違う可能性を示唆させていて、その辺はちゃんと後から実際のデータを出したほうがいいような気がしますね。割合がここまで低いとはちょっと思えないだけに、実態はどうなのか?


関連リンク

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク

スポンサードリンク