ゲーム情報&ブログ2.0

http://gamecolumn.blog.fc2.com/ に変更されています。

スポンサードリンク

『アイドルマスターのCDシングル曲が4万9000枚を売り上げ、オリコンチャート初登場2位にランキング!という記事』が掲載中。

アイドルマスターのCDシングル曲が4万9000枚を売り上げ、オリコンチャート初登場2位にランキング!という記事が掲載中。並みの歌手より売れていて、ドル箱コンテンツといえそうですね。


 6日に発表されたオリコン週間シングルランキング(12日付)によると、アニメやゲームが人気の「アイドルマスター(アイマス)」シリーズのシングル「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 11 あんきら!?狂騒曲」(5月31日発売)が、発売初週で約4万9000枚を売り上げ、初登場で2位にランクインした。

 また、先週付のランキングで首位だった「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS! エチュードは1曲だけ」(同24日発売)が、今週付では約2万5000枚を売り上げ、5位にランクイン。「アイマス」関連作が2作そろってトップ5入りを果たした。

 2位にランクインした「あんきら!?狂騒曲」は、スマートフォン用ゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)」のCD「STARLIGHT MASTER」シリーズの第11弾。五十嵐裕美さんが演じる双葉杏と松嵜麗さんが演じる諸星きらりが歌う表題曲などが収録されている。


・・・となっていて、歌手よりもアニメ&ゲーム音楽が約5万枚も売り上げるという時代は今を象徴している部分かもしれないですね。普通の歌手でさえCDが売れない時代にこうした試みで売れるというのはアイマスコンテンツの根強さを感じますね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

0 Comments

Leave a comment