ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『PSVRがワールドワイドで100万台と突破したという記事』が掲載中。

PSVRがワールドワイドで100万台と突破したという記事が掲載中。97万台とリーチをかけていた中、無事に突破したとしており、周辺機器としてどこまで成功するかといえそうですね。






昨年10月の発売を経て、今年2月に91万7,000台の販売が報じられたSonyのVRデバイス「PlayStation VR」ですが、新たにSIEが海外でPS VRの販売規模をアナウンスし、世界的な累計販売が遂に100万台を突破したことが明らかになりました。

発表を行ったSIEのCEO Shawn Layden氏は、PS VRの販売が“まだ100万台にすぎない”と説明しており、今後の販売拡大に向けたさらなる無料コンテンツの提供やソフトウェアに注力する取り組みを進めると強調しています。

Shawn Layden氏は、この取り組みの一環として、エイムコントローラーと併せてローンチを果たしたSci-Fiシューター“Farpoint”がPS VRに来る“第2の波”の始まりだと伝えているほか、人気ドラマ“ブレイキング・バッド”に基づくVRコンテンツ開発を進めていると説明。これを番組のクリエイターであるヴィンス・ギリガンが率いていると明らかにしました。(※ ブレイキング・バッドのVRコンテンツについては、5月下旬にラスベガスで開催されたData Mattersカンファレンスにヴィンス・ギリガンが登壇し、Sonyと提携した30~45分程度のインタラクティブなVR経験を手掛けていると説明していた)

余談ながら、同様のVRデバイスの販売規模については、昨年末にSuperDataが調査データを発表しており、HTC Viveが42万台、Oculus Riftが24万3,000台と報じられた一方で、今年2月にはSamsungのGear VR販売が500万台規模に達したと報じられていました。


・・・としており、100万台を突破と報告していますね。100万台に過ぎないとまだまだこれからといった感じになっており、拡大を続けていく意思を感じますよね。


関連リンク

 [ゲーム]ソニー関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク