ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『海外サイト、ニンテンドースイッチはPS2のDVDと同様のハイブリットシステムだと主張している記事がアップ』が掲載中。

海外サイト、ニンテンドースイッチはPS2のDVDと同様のハイブリットシステムだと主張している記事がアップ、が掲載中。コンセプトは違いますが、デュアルな目的がある意味という趣旨ですね。


ソニーはDVDが流行の兆しが出てきた頃にPS2をリリースして、ゲームとホームシアターの両方のエンターテイメントで提供して、その間にも伝統的なDVDプレイヤーがあったが、PS2はコンボマシンだったため、より広い市場にアピールして、更なる価値もあり、子供たちがゲームシステムを買うだけではなく、当時は偉大だったDVDプレイヤーでもある事で親にとってもメリットをもたらし、歯止めがかからない理由になり、DVDは家庭用の定番だったため、PS2の潜在的需要は驚異的な高さまで押し上げる事ができて、それに対し、任天堂はPS2からあどんな事を学べたか?としていて、PS2がコンボハードだったという意味においては、スイッチも同様で、これは世界初のハイブリットシステムで、ホームコンソールとハンドベルド機の両方が同じパッケージとして収まっていて、移動中の体験に明確な利点をもたらして、マルチメディア機器にも最適なものになるだろうとして、他のシステムには様々なアプリケーションがあるが、自宅にいなくても全ての情報を保持できて、携帯機器と同じくらい魅力的なスイッチは、そのコンパクトなデザインであり、ジョイコンの両サイドを取り除くと、基本的にはタブレットになり、もしマルチメディアのアプリが採用されれば、従来のモデルから変化することになって、ソリッドインターネットブラウザ、音楽プレイヤー、ノートテイカーのようないくつかの機能が搭載されれば、現代のPS2になりえるのは間違いないとして、それは思っているよりずっと簡単だろうとしています。


・・・としていて、スイッチの可能性はまだまだあるとしていて、ゲーム以外の用途にも広がれば更なる価値感が生まれるとしていますね。ゲーム機としてまずはアピールしていますから、そこから指摘どおりの展開があるのかどうか?という意味合いはあるでしょうね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

1 Comments

ゲーム情報さん  

ハイブリッドシステムとは聞き慣れない用語だな

2017/06/04 (Sun) 18:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment