ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『元PAYDAYスタッフが立ち上げた会社『10 Chambers Collective』がデビュー作を発表、『GTFO』アナウンス記事』が掲載中。

元PAYDAYスタッフが立ち上げた会社『10 Chambers Collective』がデビュー作を発表、『GTFO』アナウンス記事が掲載中。4人同時coopのアクションホラーになっているようですね。






本日、Paydayシリーズを生んだOverkill Softwareの開発者達が在籍する新スタジオ“10 Chambers Collective”が、デビュー作となる新作「GTFO」を発表し、4人プレイ可能なCo-opアクションホラーFPSの開発を進めていることが明らかになりました。
“10 Chambers Collective”は、かつて“Grin”と“Overkill Software”の共同創設者兼クリエイティブディレクターを務め、2012年以降はStarbreezeのCCOを務めたベテランUlf Andersson氏が2015年に設立した新スタジオで、スタジオの規模は不明ながら、同じくOverkill Softwareの共同創設者でGrin時代からコンポーザー兼オーディオディレクターとして活躍するSimon Viklund氏(※ PaydayシリーズのBain役でも知られる)も在籍しているとのこと。

今のところ“GTFO”の詳細は不明ながら、今年後半の発売を予定しているほか、Paydayを通じて確立した4人プレイヤーCo-opのフォーミュラをさらに探究し発展させることを目標としているとのこと。
また、Ulf Andersson氏がスタジオが完全な自己資本により運営されていることを明言しており、スタジオのクリエイティブに口を出す重役会が存在せず、ハードコアなCo-opシューターとして臆すること無くニッチなオーディエンスを狙っていくと強調しています。


・・・としていて、PAYDAYのノウハウがどう生きているブランドなのか?といえそうで、その辺は要チェックといえますね。独自性もありそうな触れ込みなので、その辺も今後は見所になってくるものですね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク

スポンサードリンク