スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ソニーが体感型おもちゃ『toio』を発表!という記事』が掲載中。

ソニーが体感型おもちゃ『toio』を発表!という記事が掲載中。どんなコンセプトになっていて、そしてどういう遊び方をするものなのかというのが見所になってくるものですね。









ソニーは、体感型トイ・プラットフォーム“toio”を、2017年12月1日に発売することを発表した。

 既報のとおり、5月25日にティザー映像が公開されていた、ソニーのおもちゃ。今回発表された“toio”は、子どもたちの創意工夫によって遊びが広がる、体感型のトイ・プラットフォームになる。本体のコンソールと、モーターが内臓された動き回る“toio コアキューブ”が2台、それぞれのキューブの動きを制御する2台の“コントローラーtoioリング”がセットになっている。
 別売りとなるtoio専用タイトルは、さまざまなミニゲームや音声データが格納されたカートリッジに加え、各タイトル用に作られたキューブの上に載せるキャラクターフィギュア、そして専用マットが付属するとのこと。
 “toio”発売に合わせて、専用2タイトル『トイオ・コレクション』、『工作生物 ゲズンロイド』がローンチタイトルとして登場する。

<市場推定価格(税抜)>
トイ・プラットフォームtoio……20000円前後
toio対応タイトル『トイオ・コレクション』……5000円前後
toio対応タイトル『工作生物 ゲズンロイド』……4000円前後



・・・と決して安くはない値段になっていて、コンテンツがどのようなものなのかというのが関心事になりますね。普通のゲームソフトと同じくらいの対応タイトルとあって、その辺が気になるものですね。


関連リンク



| [ゲーム]ソニー関連記事 | 13時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スポンサードリンク


 















非公開コメント

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/tb.php/50197-c48435fb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT