ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『任天堂クリエイター、ファミコンウォーズは制作したい意思があるが、難しい一面があるとして難色を示す記事』が掲載中。

任天堂クリエイター、ファミコンウォーズは制作したい意思があるが、難しい一面があるとして難色を示す記事が掲載中。RTSになったりしていましたが、従来路線はどうなるのかといえそう。






海外メディアEurogamerとのインタビューのなかで、任天堂のプロデューサーである山上仁志氏が『ファミコンウォーズ』シリーズの今後の展開について言及している。同シリーズは、最新作である『ファミコンウォーズDS 失われた光』を2008年に海外向けに発売。国内向けには2009年に発売が予定されていたものの、発売中止となった。最終的には2013年に、ニンテンドー3DS専用DSiウェアタイトルとして、クラブニンテンドー経由をして配信されていた。4年前にはこうした展開があったものの、新作について約9年間音沙汰がない。

『Fire Emblem Echoes: Shadows of Valentia(ファイアーエムブレム エコーズ)』について語るなかで、Eurogamerから、プロデューサーをつとめる『ファミコンウォーズ』シリーズについて問われた山上氏は、慎重に言葉を選びながら新作についてコメントしている。

    個人的には『ファミコンウォーズ』についても、やりたいです。しかし、『ファミコンウォーズ』は、『ファイアーエムブレム』よりもキャラクター同士の関係性を作るのが難しく、どのような設定にできるのか、明確な考えはないですね。



・・・としていて、難色を示していますね。ファミコン版が出たときにはその遊びやすさや洗練された操作性などが評価されて一躍人気タイトルになっていましたが、その後は紆余曲折があって、今に至るというものですよね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク