ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『わずか2歳で全盲になった少年、唯一遊べる『リズム天国』シリーズで全てパーフェクトを取ったと任天堂に手紙を出してそれに任天堂が対応したという記事』が掲載中。

わずか2歳で全盲になった少年、唯一遊べる『リズム天国』シリーズで全てパーフェクトを取ったと任天堂に手紙を出してそれに任天堂が対応したという記事が掲載中。どんな対応をとったのか?







長男の酒井響希くんは、1歳半のとき眼球に異変を感じ、検査をしたところ、両眼性網膜芽細胞腫という小児がんが発覚しました。

化学療法やセカンドオピニオンなどできることは尽くしましたが、両眼の温存治療を長引かせた結果、がんが両眼から転移している可能性があることがわかり、「命を取るか両目を取るかどちらか選んでください」と主治医から迫られます。

家族で話し合い、命を最優先して両眼の摘出手術を受け、2歳になってすぐに全盲になりました。

そんな響希くんが唯一遊べるゲームが任天堂の「リズム天国」でした。シリーズをパーフェクトし、任天堂に感謝の手紙を送りました。

響希くんが送った手紙。

任天堂さんへ

はじめまして。僕は小学5年の酒井響希です。

僕は目が見えないけど僕も皆と同じようにゲームがしたいとずっと思っていました。でも僕ができるゲームはほとんどありませんでした。

その中で、僕が唯一できたゲームがリズム天国です。そのゲームだけは皆と一緒に楽しくできるし、このゲームは誰にも負けませんでした。

ゲームボーイアドバンス版もDS版もwii版も3DS版もすべてパーフェクトをとる事ができました。

なのでこれからもリズム天国を絶対に絶対に出して欲しいです。もう少し難しくても大丈夫です!!

僕以外にもゲームがしたくてもできない視覚障害の子がきっといると思います。

だから体にハンデがあっても皆と一緒に楽しめるゲームを是非開発して欲しいです。これからも任天堂さんを応援します。

酒井響希より。

全盲の長男が任天堂に送った手紙。まさかの“神対応”に賞賛の声

任天堂からの返事

すると、任天堂から返事が…。
酒井響希様

この度は、任天堂あてに温かいお手紙を送っていただき、ありがとうございます。

「リズム天国」「リズム天国ゴールド」「みんなのリズム天国」「リズム天国 ザ・ベスト+」の全てでパーフェクトを取ることができたと、響希君がこのシリーズを楽しんでくれたことが伝わり、とても嬉しく思います。

響希君から頂いたお手紙の内容は任天堂の開発部門へ報告いたします。これからも、みなさまに喜んでいただけるゲームを作っていきたいと思いますので、応えんよろしくおねがいいたします。

けんたろーさんは話します。

「響希本人は、とてもびっくりして喜んでいました。また、発売予定のなかったリズム天国の新作が、もしかしたら発売されるかもしれないと思えるようになり、楽しみができたと言っています」

「私たち親としては、まさかたった1人の子どもが書いた手紙に対して、迅速な対応で心のこもった返事が返ってくるとは思ってもいなかったので正直びっくりしました。新作が発売される、されないに関わらず響希にとってそれが大きな希望に変わったことがとてもうれしかったです


・・・としていて、任天堂の対応が素晴らしいというものですね。こうした声もありますし、リズム天国シリーズ最新作は出して欲しいですよね。目が見えない子供がゲームを楽しめる貴重なゲームでもあるので、そういう意味合いでも価値が高いものといえますよね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

1 Comments

ゲーム情報さん  

つんく♂さんもこういった障害を持つ子供が楽しく遊んでくれることに喜んでいるでしょうね
ご自身も声を失われていますので共感出来る部分もあるかも…
リズ天新作は多分出ることでしょう

2017/05/20 (Sat) 18:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment