スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『PS4が2018年には5歳になり、PS5が仮に発売された場合、うまくいかないのではないか?としている海外記事』が掲載中。

PS4が2018年には5歳になり、PS5が仮に発売された場合、うまくいかないのではないか?としている海外記事が掲載中。いつ頃でるのが理想的といえるのか?というものですね。









PS4が2018年には5歳になり、家庭用コンソールの利点として、新しいハードウェアを可能な限りアップグレードしたり購入する必要がない事が利点としてあって、ソニーとマイクロソフトにとっては、新しいコンソールではない、プログレシップアップグレードにあると考えているようであり、次のステップは考慮されるべきであるとした上で、2018年にPS5がでた場合、新しいハードウェアは魅力的なものであるが、PS4がいつまでサポートされるのかが問題提起になるため、PSでラストオブアス2がでて、仮にPS5向けであったら、PS4で動かければ、それがうまくいくとは思えないとしており、またそんなリスクを背負ってまで、次のコンソールにおける最前線に立つのは最善な事といえるのか?として、コンソールゲーム機は最終的な成功はその品質と可能性にあり、最新ハードを出すよりはPS4PROやScorpioのようなアップグレードを繰り返すのが望ましいのではないかとしています。


・・・としていて、PS5がでるのはいつになるか?という気が早い話になっていますね。6年~7年周期で出るのが今までのパターンなので2019年~2020年には出ても不思議ではないですが、1億台に到達した場合は又話が変わりそうで、その辺の成功度合いにも影響が出そうですよね。


関連リンク

| [ゲーム]ソニー関連記事 | 20時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スポンサードリンク


 















非公開コメント

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/tb.php/49906-c6263cf7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT