ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『海外サイト、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドはピクセルやフレームレートを超えた楽しさがあるとした記事』が掲載中。

海外サイト、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドはピクセルやフレームレートを超えた楽しさがあるとした記事が掲載中。元々解像度などにもこだわる人が関係なくなった訳とは?というもの。






私はビデオゲームの技術が常に前進している事を見るのが大好きだとした上で、技術は絶えず大きく、速く進化していて、ゲームにはリストアップされたものが搭載され、それには数百万ドルという費用がかかるが、その代表格として頭に思い描くのはPS4『 The Order:1886』で、2015年に発売されたこの作品は、PS4がどんな事を出来るかを示した作品で、5年の歳月を費やして完成した作品であり、その間に費やされた金額を想像するだけだとしており、それと比較して、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは、最高の瞬間を持つ、コア的でリッチなゲームに見えて、プレイを始めた場合、細部のビジュアルの欠点が見つかるが、それは問題にならず、プレイヤーのゲームプレイの経験について、直接影響を与える天気など、その瞬間には届かないアイテムなど、プレイヤーは頭をひねりながら、全てが物理学に基づくものになっていて、そのひらめきからくるゲームプレイの経験が、余分なファンタジックなピクセル数より優先されるべきである理由を覚えるものだとしています。


・・・としていて、見た目が全てではないと指摘しているものですね。ただし技術的な前進も歓迎するとしており、この微妙なニュアンスがニンテンドースイッチソフトには大事になってくるものといえそうですね。こうした作品がハードコアユーザーも引き込む可能性が海外ではありえそうな部分になっていますよね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク