ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『ドリームキャスト、PS2、GCででた『クレイジータクシー』はオープンワールドゲーで復活したら面白い存在になるのではないか?というコラム記事』が掲載中。

ドリームキャスト、PS2、GCででた『クレイジータクシー』はオープンワールドゲーで復活したら面白い存在になるのではないか?というコラム記事が掲載中。セガが旧IPの復刻をすると宣言しましたね。



クレイジータクシーはもとはドリームキャストででて、海外で100万本を売り上げ、その後、PS2でもミリオン、GCでも同じくミリオンを記録したメガヒット作品で、ワールドワイドに売りたいセガにとってはまたとないIPといえます。このブランドは3まで続き、最後はXBOXに出てそれが不発で終了した経緯がありますが、今の時代にゲーム性を一新して、箱庭型だったステージをオープンワールド化して、タイムアタック性をスコア性に切り替えるなどゲーム性をアレンジして、ずっとその世界で楽しんでいられるアクションレースゲーとして堪能出来るようなものに仕上げれば面白い存在になると思います。元々ゲーセン用の作品だったため、長い時間を遊ぶ事を想定されていないものだったので、その辺はゲームアレンジは必要不可欠で、今のAAA作品やオープンワールドレースゲーとタメをはるにはかなり大胆なアプローチが必要で、その辺は多分日本のセガが手がけないでしょうから、制作を直接担当する海外デベロッパーとクレイジータクシーの生みの親がじっくりとゲーム性を練って、ブランド力を最大限に生かしたつくりに生まれ変わらせれば、化ける可能性が大いにあります。それだけ海外では地名度が日本のゲームでありながら相当高いものなので、15年経ちましたが未だに当時のインパクトを忘れていないゲーマーが多いのは確かなので、そのインパクトを大事にして、そして新しいゲームを作るような形で再リリースという流れにもっていければ一番ベストでしょうね。国内セガCSが海外でまだ通用していた最後の頃の作品なので、このブランドを活用しないで何を作るのかといえるほどであって、他にも候補は山のようにあるんですが、売れ線であり、人気も絶大だったという事を鑑みると、まずでてくるのがこの作品になり、オリジナルを遊んでも今でも楽しめますが、やっぱり昔のゲームという印象が否めないだけに、その辺が考慮すべき事になりそうです。

 [ゲーム]セガ系関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク