スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ニンテンドースイッチには出ないマルチゲーコアゲームソフトについて、それは比較対象になるのかどうか?というコラム記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチには出ないマルチゲーコアゲームソフトについて、それは比較対象になるのかどうか?というコラム記事が掲載中。よくCODがでない、アサシンクリードがでないなどありますが・・・









ニンテンドースイッチには出ないマルチコアゲームソフトについて、それは比較対象になるのかどうか?という意味では、よくCODがでない、アサシンクリードがでないなどが海外サイトなのでネガティブに語る記事もある中、それは本当に当てはまるのかとして、まず、でることが一番いいのは間違いないのは確かで、それでもニンテンドースイッチの場合、必ずしも必要なソフトといえるのか?がまずあって、独自体験を追及するハードコンセプトなので、PS4&XBOXOneでのハードコアゲー作品が遊べないデメリットも存在する事実が絶対的な事として決定打になる、それが致命傷に至らないのではないか?として、逆にPS4やXBOXOneにおいてはでなければ致命傷になる事がいえるので、それを一緒ににするのはちょっと違うというものもあるでしょう。任天堂ソフトと任天堂ハードででるソフトが逆にメリットになる事を基本路線においているハードなので、最初からスイッチを買う人がアサシンクリードやCODを求めてはいないであろうという事です。それ以外の、また違った楽しさをスイッチで味わいたいから買うというのが事実でしょうから、それが任天堂ゲーム機しか買わない人や、又はゲーム機の購入から遠ざかってた人がこの機会に購入に踏み切っていたり、意外だったのはPS4やXBOXOneユーザーも購入しているらしき結果があるらしく、スイッチが予想以上に売れている要因の1つになっているもののようで、そういう意味を含めて、逆にスイッチで出るFIFA、PAYDAY2、スカイリムなどはどんな反応が待っているのか?というのがありそうですね。スイッチがどんな人にも八方美人的なハードではないのは否めない事が事実としてあるので、そういう意味では、携帯機にもなり、据え置き機にもなって、どこでもいつでも楽しめるハードというコンセプトを大切にしつつ、オリジナリティーをアピールする事で繋がる人たちやまたゼルダやゼノブレイド、マリオオデッセイのようなタイプのゲームでもどっぷりはまれる体験型ハードとして広く今後もアピールしていく事で、粘り強い売り上げを今後も期待出来ることを願いたいですよね。



| [ゲーム]任天堂関連記事 | 16時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スポンサードリンク


 















非公開コメント

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/tb.php/49833-5e3c7bc7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT