ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『ニンテンドースイッチ版『ドラゴンクエスト11』が発売されるタイミングはいつが適切か?というコラム記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチ版『ドラゴンクエスト11』が発売されるタイミングはいつが適切か?というコラム記事が掲載中。PS4版と3DS版がメインなのは間違いないですから、スイッチ版は後付ですね。






7月29日に発売されるPS4&3DS版『ドラゴンクエスト11』はどちらも高い販売本数をスクウェアエニックスは目指しているであろう中、現時点では存在そのものを封印しているスイッチ版は、いつ頃出るのがメーカー的にも、そしてユーザー的にも歓迎されるか?というのを考えた場合、任天堂はスイッチを来年3月までに1000万台売る計画を立てている中、主に日本市場が中心になるドラクエは、日本での普及台数が鍵を握りそうで、3月までで国内出荷台数がどれほどになるかが決めてになりそうで、仮に200万台いけば、十分ソフトを出しても売れる市場を築く意味合いがあって、賞味期限やユーザーとの相性を考えた場合、PS4版や3DS版の熱が完全に冷めない時期で、なおかつ売れる時期を見定めるならば、来年の3月頃に発売するのが理想的だと思います。スイッチの場合、今年のラインナップは発表していて、冬にゼノブレイド2があるので、それと競合しないようにしなければならず、12月~1月にゼノブレイド2がでて、その後3月にドラクエ11と続けばいい感じで繋がるので、ユーザー的にも受け入れるタイミングがいいものではないかと思いますね。スクエニ的にも3月3日に出したドラクエヒーローズ1&2が日本では8万本程度で止まってしまっていますから、結果的に見てハードをけん引するという発想はあまりないと思いますし、ハードが普及してから出すという方針になっていそうです。そうなると、やはり3月期までの発売が現実的になるのではないかと感じます。来年初頭から春先にかけてのソフトの調整にもよるでしょうが、1年以上空けるとちょっと間延び間がありそうですから、任天堂と要相談でしょうけど、ユーザー的にも『買ってもいいかな』と思える十分な配慮をしてもらえるソフトであるためには、ある程度スクエニも協力的な姿勢もある程度は必要になってくるでしょうね。これらを鑑みて、そして決算、ドル箱ソフトの新鮮度を考慮して、ズバリ来年3月に発売がいいのではないか?と個人的には感じます。本当だったらPS4や3DSと同時期の発売が理想的だったんでしょうが、スプラトゥーン2がありますし、本体もまだ100万台いっていないですから、スクエニ的には先延ばしにしたというのが本音ではないかと思います。普及率、ユーザー層、そしてスイッチの人気がより高まって本体が旬になる年末年始を過ぎた後に満を持して発売するのがいいのではないでしょうか?

 [ゲーム]任天堂関連記事

1 Comments

ゲーム情報さん  

No title

誰が言ってるの?このコラムのソースは?

2017/05/12 (Fri) 11:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク