ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『PS2でリリースされて事実上終了した『ブレスオブファイア5』は本当にクソゲーだったのか?というコラム記事』が掲載中。

PS2でリリースされて事実上終了した『ブレスオブファイア5』は本当にクソゲーだったのか?というコラム記事が掲載中。実際にクリアした身としては決してそんな事はないと断言できますね。






PS2で2002年にリリースされた『ブレスオブファイア5』は一般プレイヤーからはクソゲーの烙印を押され、その後沈黙、6はスマホゲーへという不運なソフトの1本ですが、停滞させた強烈なインパクトが5にはあったのか?という意味では、まず、ゲーム性がガラリと変わっているので、そこでまず規定路線を望んでいたユーザーは確実に裏切られるので、そこで評価が分かれることになります。いわゆるシレン系ゲームで死にゲーなので、トライ&エラーを繰り返して強くなっていき、ストーリーも展開していくというものなので、ブレスオブファイアとあえて名乗らなかったほうがよかった作品だったと思います。これが新規IP作品として発表されていれば、クソゲー烙印も押されずに正当な評価を受けていたと思うだけに残念ですね。PS2版は早々に値下がりして、ワゴンセールになってしまっていて、非常にもったいなかったです。開発したのも海外なので、日本のカプコンは基本的にはノータッチみたいなんですよね。要は海外でも通用するRPGを作りたいというカプコンサイドの思惑があったのかもしれず、その辺がうやむやになっています。ゲームバランスなどはゲーマー向けだったので、ライトゲーマー向けRPGという位置づけからガラリと変貌していたのもマイナス要因でしたね。シンボルエンカウント制になっていて、バトルはターン制バトルで、そこでアイテムを駆使したり魔法を使って敵を倒していくんですが、その他システムはRPG通なシステムになっていて、能動的に遊ぶ人でないとちょっと厳しいかもしれないですね。ウィザードリィーなどが好きな人は大丈夫でしょうが、ドラゴンクエスト系を望んでいたらしっぺ返しを食らいます。自分はPS1時代に出た作品を遊んでいなかったので、すんなりとゲームに入り込む事ができましたし、そして、ゲームも純粋の楽しめて、エンディングの青空を見たときにはクリアしたという達成感も満喫できた1本で、決して買って後悔しなかった1本です。この作品は主題歌を鬼束ちひろさんが担当したりと日本での宣伝も逆の意味でマイナスに働いた可能性も大きく、通好みなテクニカルRPGとしての宣伝はなかったような気がします。今の時代にこの作品がフルリメイクされても問題ない出来ではあるので、スマホで最新作の6を出して以降消息不明になっているこのIPの行方はどこへ向かうのか?というのがちょっと残念に思うところです。

 [ゲーム]ソニー関連記事

2 Comments

ゲーム情報さん  

あの当時のワゴン常連と言えば、他にもアンサガやBUSINが思い浮かぶ。
PS系では超大作ムービーゲーが求められてる最中、原点回帰や方向性の模索をして失敗してたな。
えふえふやらているずやら、まあそんなのが大人気な時代でした。

2017/05/11 (Thu) 21:12 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

BUSHINは自分は大好物ですね。続編の0も買って楽しんだ覚えが
ありますね。逆にFFやテイルズは自分はやってないですよね。
PS2ユーザーというか当時全機種持っていたので、万遍なくプレイ
していた結果ですね。

2017/05/11 (Thu) 21:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサードリンク

スポンサードリンク