ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『バイオウェアが続編となるマスエフェクトアンドロメダの制作を一時保留したという記事がアップ』が掲載中。

バイオウェアが続編となるマスエフェクトアンドロメダの制作を一時保留したという記事がアップ、が掲載中。どういう理由で中断する事になったのかというのが語られているかといえそう。






昨晩、カットシーンの改善やパフォーマンスと安定性の向上、ロマンスやクエストに絡むバグ修正、マルチプレイヤーのラグ改善といった変更を導入する1.6パッチが配信された「Mass Effect: Andromeda」ですが、新たにKotakuが4人の匿名ソースから得た情報として、本作の開発を手掛けたBioWare Montrealの現状を報告。この内容についてMontrealスタジオを率いるYanick Roy氏が声明を発表し、一部の事実確認が行われ話題となっています。

今回報じられたのは、BioWare Montrealの一時的な縮小や、“Mass Effect: Andromeda”以降の新作開発に関する話題で、EA MotiveとStar Wars Battlefront II、Mass Effectトリロジーを生んだBioWare Edmontonの新IPも絡む大きな動きが判明しています。

■ Kotakuの報告
KotakuはBioWareに近い4人の匿名ソースから得た情報として、“BioWare Montreal”がサポートスタジオとなり、当面のあいだ“Mass Effect: Andromeda”の続編開発は始動しないと報じている。
先月、BioWare Montrealスタジオに所属する開発者の多くが“Star Wars Battlefront II”に取り組むために、同じモントリオールの“EA Motive”に異動となった。
残るBioWare Montrealの開発者は、BioWare Edmontonが率いる新IP(プロジェクト“Dylan”)を含む他のBioWareタイトル開発に協力している。
BioWare Montrealは“Mass Effect: Andromeda”のパッチとマルチプレイヤーサポートも継続。

■ BioWare Montrealを率いるYanick Roy氏の声明
BioWareは、Mass Effect: Andromedaコミュニティとライブサービスにフォーカスし、次のMass Effectにどう取り組むか、絶えず注視している。
BioWareはこれまで以上にスタジオ間の共同作業を強化している。
モントリオールにおけるBioWareとMotiveの開発チームはスタジオスペースを共有しており、現在Motiveが開発を進めているプロジェクトにBioWareのチームメンバーが参加している。
同様に他のBioWareプロジェクトにもMontrealチームが参加している。


・・・と続編は始動しないとしており、EAの期待とは裏腹に制作されないのか?といえそうですね。今後どう取り組んでいくかというのを議論するとしており、動向が注目されますね。


関連リンク

 [ゲーム]PS4&XBOXOne関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク

スポンサードリンク