ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『PSVITAにリメイクされた『ロマンシングサガ2』は20万DLを突破!という記事』が掲載中。

PSVITAにリメイクされた『ロマンシングサガ2』は20万DLを突破!という記事が掲載中。スマホにする際、建物の大きさや比率を変えないことを念頭に開発されたして、その辺は大丈夫だったよう。






吉岡氏とバトンタッチする形で、眞島氏が『ロマサガ2』をリマスターするうえでこだわった点を紹介した。それはイメージを変えずにCGを刷新したこと、そして、建物のサイズとキャラクターのサイズはオリジナル版を踏襲したことだ。

 『ロマサガ2』をプレイしたことがある人ならわかると思うが、『ロマサガ2』は、敵を避けて動くことが重要なゲーム。ゆえに、「建物・キャラクターのサイズを変えるとゲーム性が変わってしまう」と眞島氏は語った。

 また、あえてキャラクターを高解像度化せずに、2Dのドット絵を使用したことで、ユーザーに懐かしさと新しさを感じてもらえた、と眞島氏は語る。

 そして眞島氏は、講演のまとめとして、“リマスター化は、新しいものを作るというより、作品をどう再解釈するかという作業”と提示。オリジナル版開発当時、さまざまな制約の中で開発を進めたスタッフたちが、どういうものを目指していたかに立ち返る。それを現実的な風景として再構築して、新しいメディアに落とし込む――そうしないと作品の方向性がブレるのだと語った。

 なお、リマスター版『ロマサガ2』は好評を博し、PS Vita版のダウンロード数は20万本を超えたとのこと。眞島氏は、さまざまなハードで『ロマサガ2』を待っていた人がいたんだ、と再確認したという。


・・・としていて、敵を避けていくゲーム性をよく理解して、その辺スマホになる際、大きさが変わるので、そこをうまく調整したみたいですよね。PSVITAというハードでも根強い人気があった事を証明していますね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

0 Comments

Leave a comment